大きく踊れ、と言われたら

踊りが小さく見えてしまう、大きく踊れと言われた…

このような質問をキッズやティーンから聞きます。

「自分では努力しているつもりなのですが」というのが枕詞のようにつきますけど。

 

努力の方向性で見てみると、

大きく踊ろう!と思っていても踊りって大きくなる訳ではありません。

 

大きな声を出そう!として怒鳴っても喉を痛めるだけだよね。

オペラ歌手は大きく響く声をだし、しかもケガをしないように、と発声練習があるわけでしょ?

今日は、ダンサーの「大きく踊る」を分析してみましょう。

 

振付を覚える

絶対に大事な事。

それは振り付けを覚えること。

 

もーね、何度も言っているよね。

振付を間違えた時って一瞬、「あれ?」ってなるわけですよ。

その時に、先生に言われた注意は考えていません。

そう言ったときにケガもしやすくなります(自分がやっていることに集中していないから)。

 

そして、振付があやふやだったら大きく踊る事もできません。

 

大きく踊るって自信を持って踊る事でもあるわけじゃない。

腕のタイミングや、体の方向、そういったものが分かっていないと大きくは踊れないよ。

 

確かに、コンクールで踊る振付は何か月もかけて覚えるかもしれないけれど

(それでも、話をしてみると振り付けがあやふやな人が多いのはまた別の話…)

普段のレッスンで「大きく踊る練習」をしてこなかったら、

コンクールの練習(=プリンシパルレベルの難易度)で大きく踊ろう、なんて考えられるわけがないでしょ。

 

体力を付ける

大きく動く、可動域が広がるという事は筋肉をたくさん使わないといけません。

どこの筋肉、というよりも全体的な体力が必要になってきます。

 

  • 舞台全体のスペースをカバーする、
  • 全てのジャンプを大きくする、
  • ピケで出す足を遠くへ、
  • 大きくポーデブラを動かす

こういった大きく踊る秘訣をやるためには、ピュアに体力、持久力が必要です。

 

やる気になったら出来るンだよねーって省エネで踊る、力を出し惜しみする子は、

このような体力・持久力を育てる事が出来ないため、

本番「だけ」頑張ろうとしてケガしたり、踊りが雑に見えたり、手脚のコーディネーションがバラバラになってしまうのね。

 

集めてくる力を強くする

大きく動くということは、より強く真ん中(センター、芯、軸…どんな言い方でもいいですけど)に集めてこなければいけません。

 

この力が弱いとグラグラしたり、回転に失敗したり。

失敗しないように、って思うから、踊りがどんどん小さくなってしまいます。

 

これも日々のレッスンで練習できること。

  • 5番ススで緩んだ足で立っていませんか?
  • 毎回タンジュ、ジュッテなどで確実に5番に戻ってきていますか?
  • ロンデジャンプで1番を通る時、ポジションを通過していますか?

ルティレバランスが終わったからって力が抜けた5番を通過し、プリエではないけど膝を曲げてアテールに戻ってくるとか、

デベロッペで高く上げることだけ考えて、しっかりと5番に戻っていないとか。

 

こういった部分で足を揃える、軸に集める、芯を強くするという練習をしているはずです。

難しいステップではないし、どのレベルでも出来ますが、

やっていない人が多いので勿体ないですよ。

 

正しいポーデブラ(大胸筋)

大きく踊ろうとして、ポーデブラが正しい場所を通らない人が多くいます。

それね、逆に踊りが小さく見えるのよ。

 

腕は体を飾る額縁。

だったら、その額縁を正しくホールドし、しっかりとした形で保つことが出来たら、

中に入っている絵(体、ダンサー自身)が美しく、堂々と見える。

 

「正しいポーデブラ」といってもよく分からない人もいると思うのね。

足の高さやターンアウトだけに気を取られて、ポーデブラ、しっかりと習ってこない子達も多いので。

 

バレエの立ち方出来てますか?(通称スタンス本)で説明しているのでちょっと引用してみましょうか。

  • ひじは常に両肩の外側にあり、脇はつぶれない
  • ひじは絶対につっぱらない

この2点をレッスン中、バーを持つ手も含めて考えられると、かなーり上達しますよ。

  • グランバットマンの時に横の手の肘がつっぱっていませんか?
  • アラベスクの時、ひじが下向きになり、脇が落ちてしませんか?
  • ブラバーで、小指が太ももにつき、脇をつぶしていませんか?

チェックしておいてください。

 

また、同じ本に紹介されている

  1. ブックオープナー
  2. 弓と矢
  3. タオルストレッチ
  4. 菱形筋エクササイズ

はこの順番でやると

  • 猫背
  • 胸椎堅い(腰から反っちゃう)
  • 腕をあげると肋骨が開いちゃう
  • 腕をあげると肩も一緒にあがっちゃう

というポーデブラの悩みを解決することができます。

 

(8月には福岡、9月には大阪でスタンスターンアウトWSが行われるよ!

スケジュール発表は7月1日、申込みは7月中旬なのでアップデートをこまめにチェックしてね)

踊りの緩急

ちょっと上級者向けですけど、ある程度の年齢になったらここも大事になってきます。

どこを魅せて、どこは調整するのか。

レッスンでも大事なところです(んでもって、レッスン内でも練習できます!)

 

オーディションとかでは見られていますよ、センスという言葉や踊りのクオリティ、なんて言われます。

グランアレグロで場所がなくならないように、移動方向を考えるだとか

(=スペースの有効利用)

高さが見たいのか、スピードが見たいのか、それともイーブンに柔らかさがみたいのか。

 

そういった計算をすることで、

大きく踊るところはより大きく見え、

賢く踊る事ができるわけ。

 

ピルエット一つとっても、

アダージオでゆっくり回ってホールドしたいのか、

ミディアムアレグロの中にあり、素早く回って次のステップにいきたいのか。

それによって踊りがダイナミックに見えるよね。

 

ということで、大きく踊れ、と言われたら。

ただひたすら、原稿用紙に「大きく踊る、大きく踊る、大きく踊る…」と書き続けるのではなく、

(だって、それが大きく踊るように意識している、って奴でしょ?)

こんなに出来る事があるんですよーというヒントになっていたら嬉しいです。

 

Happy Dancing!

 

 

 

 

 

  • 佐藤愛著シリーズ



  • 大きく踊れ、と言われたら”へのコメント

    • June 17, 2019 at 11:16 am

      いつもありがとうございます。

      なるほど。なるほど。なるほど。

      良くわかります。

      毎回うれしいご指導ありがとうございます。

      Reply
      • June 24, 2019 at 9:52 am

        よかったです!!
        具体的になにをする、というのが私自身も好きなので笑 そういった方々へお送りできていたら嬉しいです。

        Reply
    • June 23, 2019 at 11:01 pm

      自分にとって耳の痛い、ドンピシャなトピックだったので思わずコメントしちゃいました!!
      これからのレッスンの参考にさせて頂きます。
      バレエ歴40年、指導歴20年ですが今もなおバレエが大好きでいられるのも本当に不思議です。それだけ奥が深いということですかね。
      愛さんいつもありがとうございます!

      Reply
      • June 24, 2019 at 9:51 am

        あやこさん、コメントありがとうございました。
        ドンピシャ!嬉しい♡
        いつも書きながら、これって役にたつかなー私が好きなトピックだけど、皆はどうだろう?
        って思っているので、このような感想嬉しいです。
        バレエ、本当に奥が深いですよね。舞台装置、衣装、ストーリー、有名ダンサーなど、穴を掘ればどのトピックでもふかーくいける気がします笑

        Reply

    宮川美津恵 さんのコメントに返信する 返信をキャンセルする

    メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
    また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。