DLSポッドキャスト epi396 オンラインで勉強するメリットとデメリット

2020年春にコロナ対策として来日セミナーをキャンセルしてオンラインに移行。

それ以来セミナーシーズンだけでなく、毎週行われるエクササイズクラスや、毎月行われる勉強会など

この2年で200時間は軽く超えるオンラインクラスたちを提供してきた私が考える、

オンライン勉強のメリットとデメリットを今日のポッドキャストにてご紹介してみました。

DLSセミナーだけでなく、オンラインで勉強を考えている人、クラスを提供している先生は聞いてみてくださいね。

 

 

聞きたい人はこちらから

 

スクリプト

みなさんこんにちは、DLSポッドキャストへようこそ、佐藤愛です。お元気ですか?

 

DLSポッドキャストはプロの現場から健康なダンス生活を応援する情報サイト、ダンサーズライフサポートドットコムのブログ音声バージョンプラス

ポッドキャストだけの裏話などを毎週金曜日にお送りしています。

 

ゴールデンウィークのオンラインセミナー、スケジュールをチェックしてもらえましたでしょうか?

いつも通りのモジュール1&2のほかに、

大人気のダンサーの足セミナーや、先生が生徒のポワントが合っているか?を確認する項目や理由を学ぶポワント選び、

そしてレッスンプランの立て方など、最近やっていなかったクラスが戻ってきます。

 

ダンサーの足セミナーは、来日セミナーでもオンラインでもたぶん私の一番大好きなクラス。

既に受講した人達が知っている通り、ザ・DLSという感じでバレエ解剖学からスタートし、

ポワントの構造を解剖学と当てはめ、

エクササイズやリリース、ストレッチで締めくくるという、

知識と実践、インプットとアウトプットの両方が1回のクラスで体験できます。

 

この前ダンサーの足をやったのは2021年の1月だったので1年以上経ったんですね。

時間が流れるのは早いものです。

前回の参加者からのフィードバックをご紹介しますね。

 

私は足についての知識がそんなにないまま、今までトゥシューズを履いてきました。

しかし、今回このセミナーを受けて足についてたくさんのことを知ることが出来ました。

今回わかったことを生かして、これからもトゥシューズを履きたいと思います。

 

また、DAY2でやった「親指エクササイズ」は少しやっただけでつま先の伸び方が全然違い、凄く驚きました

少しやるだけでこんなに伸び方が変わるなら、どのトレーニングもなかなか続かない私でも毎日続けることができそうです。

 

愛さんのお話を、聞いているとき「あー!そういうことか!」と、なるときや、「なるほど!」と思うかとがとても多かったです。

すごくためになりました。

今回は、本当にありがとうございました。また愛さんのセミナー受けたいです。

 

 

今日のポッドキャストでは、2020年にコロナでオンラインセミナーに変更してから、今まで

オンラインセミナーシーズンだけでなく、

ボディコンサークルというエクササイズや、月一勉強会、

そしてDLS公認インストラクターコースとして、2

00時間以上オンラインでダンサー達、バレエ教師の皆さんとセミナーをしてきて分かった

オンラインで勉強するメリットとデメリットをご紹介したいと思います。

 

オンラインのメリットはもちろん、どこでも誰でも参加出来る事。

これはDLSのカンパニーバリューに「インクルーシブ」というのがあるのですが、

そのためにも非常に大切なポイントでした。

 

オンラインになる前は、オンラインで出来るなんて考えた事がなかったの。

でも、オンラインというオプションが可能だと気づくと、より多くのドアが開きました。

 

セミナー費用よりも、交通費や宿泊費がかかるという地方に住んでいる人達へのサポートになるということは、

地方に住むダンサーのサポートになります。

 

ケガで公共交通機関を使うのが難しいダンサーにとって、

安全に今できる最大限の努力をする事が出来ます。

 

病気で家を長く離れていられない人、家族の介護や、幼い子供のお世話など多くの場合、

社会的に女性が行わなければいけないと見られている事と勉強とのはざまにいる人達のサポートになる。

 

そして、録画で見られるというオプションを作ってからは、

ただでさえコロナで生徒の数が減っているスタジオオーナーさんが、

収入元となるレッスンを休まずにも勉強を続けることが出来る環境を作ることが出来ると気づきました。

 

 

2012年から来日セミナーをやってきて、

気づいたのが2020年以降という残念極まりない部分は置いておきましょう。

 

何百時間、何百人とセミナーをやっていたとしても、

まだまだ知らない事、気づかない事、学ぶべきエリアがあるという証拠ですよね。

 

同じく2021年の参加者の声をご紹介しますね。

具体的に自分の足をはかってみたり、動いてみたこと&愛さんの解説で自分の現状を検証することができました。

大事なことを知る機会を得られて感謝しています。

オンラインじゃなかったら受講出来なかったと思うので、この時期への配慮にも重ねて感謝申し上げます。

ありがとうございました。

 

オンラインでも一緒にエクササイズしたり、実験したり、

勉強する事が可能だというのは本当に嬉しい発見でした。

 

最初は、オンラインセミナーだったらまじめに参加しているか分からないじゃない?

と思ってもいたのだけど、それはオンラインでも現地でも一緒ですよね。

 

ニコニコしていても実は怒っているという人がいるように、

集中しているか、学びが濃いか?はその場にいるかいないか、だけでは分かりません。

 

親に無理やり連れてこられたというDLSキッズの子たちも今まで見てきているので、

オンラインだから集中出来ないという事はないというのも分かりました。

環境じゃなくて本人なんだな、という事。

 

子供たちのスクリーン時間が心配という声もありますよね。

DLSには子供向けのセミナーがあまりないので、この部分は問題ではなかったのですが

オンラインでレッスンをしている先生方からの声で聞きました。

 

でも、今の子供達が大人になった時にパソコン画面を見ないで済む仕事は皆無だと思います。

というか、中学、高校でも授業であるでしょうし、

大学に入ったら提出物制作は絶対にパソコンが必要ですね。

 

バレエ学校でもそうです。

一日中踊っているため、授業に参加出来ない子達はリモートで学校の項目を行っていることも多いです。

 

オーストラリアは、国が広いためバレエ学校の生徒でなくても通える場所に学校がない子たちもいます。

通信学校が一般的に認められているんですね。

 

コンクールの予選のためにビデオ、バリエーションのための音楽スピードとか、

発表会のプログラムとか。

バレエ教師だってパソコンがなければ生活出来ません。

という事は、今から慣れておいても害はないのではないか?というのが私の考えです。

 

ただしバランスというのは大切ですから、

授業がオンラインの時は携帯やテレビの時間を調整する

これは大事でしょう。

 

勉強で必要ならば、娯楽の時間からカットすればいいということ。

本を読む事、体を動かすこと。

もしかしたら、ジャーナリングをして気持ちの整理などもいい休日の過ごし方かもしれません。

 

ま、今日のポッドキャストはスクリーンタイムを計算し、

家族の時間を再確認するのではありませんのでここまでにしましょうか。

 

 

世界の様々なビジネスがオンラインに変わったため、

私も今まで受ける事が出来なかったセミナーに参加する事が出来ました。

 

例えば、ダンサーの管理栄養士、ふみさんと心理士の方などで形成されているテイストというグループが行っていたセミナーに

毎月6か月だったかな?参加出来たのは、日本で行われる形だったら不可能でした。

毎月日本に帰っていられないですから。

 

実は去年から心理士が提供しているカウンセリングテクニックのセミナーにも参加しているのですが、

心理士ではない私が、勉強したい項目に気軽に参加出来るようになったのもオンラインのおかげです。

現地で、ほかのカウンセラーやサイコロジストと混ざって勉強なんて出来ませんから。

 

手軽に勉強が出来るようになったという事を懸念する人も多いかもしれませんが、

先週のポッドキャストでお話したように、自分の興味がある事、自分の世界を広げておくと

方向転換をするときのオプションが増えますよね。

 

でも、たくさんオンラインセミナーを受けているとデメリットにも気づきます。

お家のインターネットスピードは100%自分でコントロールできるものではない

という事が大きな落とし穴だと気づいたのは、

去年オリンピックの時期にボディコンサークルを行っていた時でした。

 

たしか開会式とエクササイズクラスの日がかぶったのだったと思いますが、

その時の参加者のネットスピードはとても悪かったです。

皆がネットを見ていたという事でしょう。

 

アパートの工事だったり、メンテナンスで短期間停電になったりなどがあると

オンラインセミナー受講は不可能になります。

家族が同じ時間に、オンラインで会議とか、授業を受けていたりなど、

ネットにかかる負担が大きくなると遅くもなります。

 

こういう部分は、私、セミナーオーガナイザーではどうにか出来るわけでもないし、

ご自身の努力で何か出来るわけでもないですよね。

 

これは大きな穴だと思いますが、世界的にみて日本のネットスピードはとても速いようなので

受講出来ないレベルではないかもしれません。

ところどころで途切れるとか、画質が悪くなるとかそんな感じだけかもね。

 

もう一つ、恥ずかしい話を1つして今日のポッドキャストを終わりにしたいと思います。

私、何でもオンラインで勉強出来るし、視聴可能時期も長かったりするので、

最初のうちはいろいろと購入したんですよ。

オーストラリアとは国であり大陸で、

例えばイギリスに行くには24時間フライトというように離れているため

いつも受けられなかった授業がいっぱいでわくわくしていたんです。

 

2週間視聴可能から、6か月OKなところまで色々あったため、

いくつかのクラス、購入しておいて見ていません。

白状します。

 

でもこれは、セミナーがいけないとかオンラインだからダメではなく、

私のスケジュール管理が出来ていなかった事。

 

口に入る量よりも、大きなパンをかじった感じ?でしたので、

ゆっくり、上品に食事できるよう、なんでもかんでも手を出すのではなく、

今の自分に必要な授業を勉強するというシンプルな真理に行きつきました。

 

当たり前すぎて、ポッドキャストに入れるか迷ったんだけど、

日常のやっちまった系から、ダンサー人生の一番暗い時期まで

全てをシェアしているDLSですから笑ってやってくださいませ。

 

DLSオンラインセミナー申し込みは4月2日土曜日の朝6時からスタートします。

クラスによって録画があるものと、録画なしのものがありますので、詳細を確認してくださいね。

 

心配だったらhello@dancerslifesupport.comにメールで受けたいクラスと質問を送ってください。

こうだよーとお伝えいたします。

 

ではまた来週ポッドキャストでお話しましょう。

Happy Dancing!

!!ポッドキャストの購読方法!!

 

 

DLSのYoutubeチャンネルには過去のポッドキャストだけでなく、ビデオブログやインタビューなども発信しています。

チャンネル登録をお忘れなく!

 

  • <お知らせ>

    体の声を聞く練習と共に、弱点を克服し踊り続ける事、長く指導し続ける事が出来る体を育てるボディコンサークルは毎週日曜日にZoomにて行われています。

    スケジュールやトピックの詳細はこちら

  • <お知らせ>

    DLS教師のためのバレエ解剖学講座モジュール1&2を受講された方々向けに、毎月ダンサーに見られやすいケガ予防とレッスンの作り方についてを勉強する「教師のための月一勉強会」があります。

    モジュール受講者は毎月のテーマとスケジュールをこちらからご確認くださいね。

  • 佐藤愛著シリーズ



  • Follow Us!

  • お知らせメールを受け取ろう!(無料)

    最新情報、メルマガ限定コンテンツ、セミナー早期申込などのお得情報が満載!
  • Categories