DLSポッドキャスト epi399 解剖学をレッスンに取り入れる方法

バレエ解剖学を学んだあとは、大切な生徒さん達のためにスタジオ内にて還元する事。
でも学びもまだ浅いし、間違った事は伝えたくないし、
ある日突然レッスン内容をガラリ!と変更は出来ない。

そんなバレエの先生方のために、解剖学をスムーズにレッスンに取り入れるアイデアを3つお話したポッドキャストです。

 

3つのポイントだけささっと知りたい人は、インスタReelで作ってあります。

ポイント1まずはスタジオの”環境”に取り入れる。

ポイント2知っている単語から始める。

ポイント3少しずつ知識のレイヤーを作る。

 

春のセミナースケジュール&空き情報はこちらから

 

聞きたい人はこちらから

 

!!ポッドキャストの購読方法!!

 

 

DLSのYoutubeチャンネルには過去のポッドキャストだけでなく、ビデオブログやインタビューなども発信しています。

チャンネル登録をお忘れなく!

 

  • <お知らせ>

    体の声を聞く練習と共に、弱点を克服し踊り続ける事、長く指導し続ける事が出来る体を育てるボディコンサークルは毎週日曜日にZoomにて行われています。

    スケジュールやトピックの詳細はこちら

  • <お知らせ>

    DLS教師のためのバレエ解剖学講座モジュール1&2を受講された方々向けに、毎月ダンサーに見られやすいケガ予防とレッスンの作り方についてを勉強する「教師のための月一勉強会」があります。

    モジュール受講者は毎月のテーマとスケジュールをこちらからご確認くださいね。

  • 佐藤愛著シリーズ



  • Follow Us!

  • お知らせメールを受け取ろう!(無料)

    最新情報、メルマガ限定コンテンツ、セミナー早期申込などのお得情報が満載!
  • Categories