トウシューズフィッティングでよく見られる3つの間違い

トウシューズフィッティングでよく見られる3つの間違い

自分の足にあうトウシューズを探しているダンサーはたっくさーんいると思います。

メーカーによって色々あるし、バレエ雑誌や、プロのインタビューを聞いてもたっぷり出てくる名前たち。

海外だけで購入できるシューズだってたくさんあるし、日本だけで買えるものもたくさんです。

 

自分に合ったシューズを探す、って難しいですよね。

今日はよく見られる3つのフィッティング間違いをご紹介します。

3つ以外にもたくさんあるんだけどね、それはダンサーの足セミナーでお話しています。

 

 

かかとが抜けちゃう=シューズが大きすぎではない

かかとの部分にゴムをつけている人、たくさんいますよね。

これはデミを通った時にかかとが抜けない様にするための工夫。

結局、ポワントのサテンって伸び縮みする生地ではないわけで、早い動きなどでシューズが脱げちゃったら困っちゃうでしょう。

 

ただし、かかとが抜けてしまう=シューズが大きすぎる!ではありません。

その逆が殆ど。

 

嘘だと思ったら、自分のシューズを足のおおきなお友達に履いてもらってください。

ぎりぎり、足が入るか否かのシンデレラのお姉さん状態になった時に、かかとをみてみましょう。

生地が足りなくて、引っ張られているはず。

そしてその人達に歩いてもらおうとするとかぱっとかかとが抜けるはずです。

 

トウシューズでは、大きすぎるシューズは一目瞭然ですが、

きついシューズは見落とされがち。

でも、きついシューズの方がケガのリスクが増えます

 

生徒の一人で6か月以上親指の痛みが続く子がいました。

毎回、シューズが合っていないよ、といっても「トウシューズフィッターに合わせてもらったから大丈夫」っていうだけ。

ようやく彼女がシューズを変えて1週間後、痛みはもちろんなくなりましたよ。

今でも彼女との笑い話になっています。

 

足の裏を強くするために固いポワントを選ぶ

足の裏を強くしたいので固いポワントを選ぶというのは、なんだか理にかなっているようでそーでもありません。

まず、足の裏を強くしたいから固いポワントを選ぶ子たちってだいたい足の甲は高いのに使えない子が多い。

足が伸びなくて悩んでいる子はこの後でてくる、もう一つのフィッティング間違いを犯すことがおおいですから。

 

甲が出過ぎて、もしくは足の裏が弱くて、シューズに乗っかってしまう子がいた場合、

固いシューズを履くと引き上げて立っている様に「見えます」。

だけど、ポワントがすぐにダメになります

 

あー私、足が強いからすぐにシューズが潰れちゃうのね。

ではございません。

間違ってます。

 

本当に足の裏が強ければ、柔らかいシューズでも自分の力で引き上げていられます。

しっかりとデミポワントを通り、柔らかくジャンプの着地ができます。

 

ただ、甲が出過ぎてしまう、シューズに乗っかってしまうという子たちにいきなり柔らかいシューズをはかせるとケガをしますのでそういう子たちには敢えて固いポワントを選びます。

そして、徐々に柔らかくしていきます。

つまり、最初は松葉づえみたいに固いシューズを補助に使い、

自分で立てるようになったらもう少し柔らかいシューズを選ぶのです。

 

もちろん、ただレッスンをしていれば足が強くなるのか?といったらそうでもないですから、

足先のエクササイズや脚全体の筋力アップを一緒に行う必要があります

甲が出やすい子=靭帯が緩い子なので、体全体がぐにゃぐにゃなケースがほとんどですからね。

そっちを鍛える必要がありますし、場合によっては強くなるまでポワントを履かせないこともあります。

 

もちろん、これは生徒の場合。

プロの場合は踊り、役、舞台の素材や振り付けによってシューズを選びます。

 

生徒の場合、足を強くするのが目標です。

固いシューズ「だけ」に頼っていたら、強い足は育ちません。

 

*ただしカンパニーダンサーでプリンシパルだったら1回のパフォーマンスでポワントがダメになる事があるようです。

でもそれは、プロくらい踊っている事だったからね。

つま先が伸びないから3/4シャンクを選ぶ

上で書いたケースの逆です。つま先がきれいに見えないから3/4シャンクを履く。

この言葉の意味が分からない人はダンサーの足セミナーに参加してください。

 

このシューズ、成長過程の子たちには特に危険ですが、どうして危険なのか?はセミナーでお話ししましょう。

 

今日のフォーカスはフィッティングの間違いだからね。

つま先が伸びない理由は何でしょう?

恵まれていないから、なんて言ったら殴りに行きますよ?

 

つま先が伸びない理由は星の数ほどあります。

そのうち、自分でどうしようも出来ないのは2-3個です。

 

残りの人達(つまりほとんどの人)は

  • 伸びる足をしているのに使っていない
  • 使い方を知らない
  • 使うだけの強さがない

ひとたちです。

 

それと、3/4シャンクがどう関係するのか?

つま先を伸ばすだけの力がない子たちに、力を使わずつま先の伸びて見えるシューズを与えると、それで満足しちゃうからです。

また、強化が必要なのにそれが出来ていません。

 

甲が出過ぎてしまう子たちだけがシューズに「乗っかる」わけではありません。

甲が伸びなくてもシューズに乗っかることは可能です。

3/4シャンクでは乗っかって踊っていても見えづらいし、感じづらいです。

 

3/4の方がきれいにつま先が伸びるからオーディションやビデオ撮影ではそちらを履くけど、

普通レッスンではフルシャンクを履いています、というダンサーはたくさんいます。

 

3/4にすると足首の後ろ側が詰まった感じになったり、痛みができたりするダンサーもいます。

もちろん、年齢と足首の形で3/4が必要な子もいますが、そういう子たちはだいたい18,19歳以上。

これは骨の形成スピードやその他の関節、ケガの歴史を考えた上で答えがでます。

 

まとめ

ちょっと長くなってしまいましたが、よく見られる3つだけ今回は記事にしてみました。

他にも、外反母趾だから先の細いシューズを選ぶ弊害だとか

シューズの紐をきつく結び過ぎてしまうところから来るケガだとか、

ポワントをしっかりと合わせるだけで防ぐことのできるケガや痛みはたくさんあります。

 

ポワント選びも大事。

だけど履いている自分もどうにかならないと、シューズだけが踊ってくれるわけではないから覚えておいてね。

 

Happy Dancing!

ai

 

  • 佐藤愛著シリーズ



  • トウシューズフィッティングでよく見られる3つの間違い”へのコメント

    • December 22, 2017 at 7:23 pm

      こんにちは。最近になりバレエを再開し、右足首と甲だけに痛みを覚え、様々な情報を検索しているものです。

      今はバレエシューズでしかレッスンしていないのですけれど、体重増(恥ずかしながら!)が原因かと思っていましたが、それだけでもなさそうですね。

      DLSさんの記事をいくつか拝見し
      今まで身体が柔らかく、ポワントに乗りやすいと褒められていた私は目から鱗でした!

      バレエの立ち方…の本も先日拝見しまして
      本格的に学習する為購入しようと考えています。

      幼少期に3人の先生から習いましたが、筋肉の使い方や身体を引き上げる理由、やり方についてまで教えてくれる先生はいらっしゃいませんでした。趣味の範囲だったからでしょうかね。

      大人になった今、そういった身体の仕組みがとても気になっておりますが
      独学だと身体の使い方が自覚できていないことも多いと思うので、やはりそういった知識をお持ちの先生を探した方が良いのでしょうね…。

      Reply
      • December 26, 2017 at 1:34 pm

        こんにちは、そしていらっしゃいませ。
        大人から再開グループによく見られる痛みは、「脳みそは覚えているのに体(筋力)がついていかない」ってやつです。
        特に昔、ポワントに乗っていた=足の筋肉を正しく使っていなかった、のでしたら答えはトレーニングにあるかsもいれません。
        大人再開組のいいところ、そして大人になってからの習い事(バレエでなくてもね)のいいところは、レッスン以外に自分で研究、自主練ができるところです。
        先生100%ではないということね。もちろん、そういう知識をもっている先生のもとで学ぶのはてっとり早いですが、地理的、時間的な制限がある場合、自分でも勉強して、判断できるのが大人のいいところだと私は思っています。
        頑張って勉強を続けて下さいね!

        Reply
    • July 13, 2018 at 3:15 pm

      はじめまして。
      18歳の娘を持つ母親です
      トウシューズ選びん苦戦して
      現在靭帯が伸びてしまい
      お休みしていますが
      このブログを読んで初めて娘は足が強いのではなく
      ごまかしながら続けてたのだとわかりました、
      こうが出やすくすぐトウシューズがだめになります
      コンク-ルに出た頃からトウシューズが合わないのでは>
      問われ続けバレリーナからブロックに変えなさいと言われ
      ブロックセレナーデを履いてますが
      先生はブロックにこだわってるようです
      他のメーカーでもよいのか>
      バレリーナがあっていたはずなのに形がきれいに見えない等
      でブロックを勧められてから怪我やトラブル続きです
      幼少時から習った教室では、
      基礎もわからないままコンクールへ出て
      大変な思いもしてやっと別のお教室に通い
      基礎がわかるようになりました
      昨年もコンクールで
      トウシューズが合わず
      結局合うものがわからずじまいで
      出場しましたが
      本選落ちでした

      私から見て初めて通わせたお教室選びに
      失敗したためもうほかに夢中になる
      ものを見つけさせたかったのですが
      教室を変わり結局18歳になった今も
      続けてます。
      デタラメ基礎の癖直しに苦労し
      現在のお教室で頑張ってはいますが
      基礎が改めて大事だったことに
      気づきながらも辞めれずにいる娘
      を見ると辛いですね。
      娘は、レッスンを増やし上手くなろうと
      頑張ってはいますがまず、
      自分にあうトウシューズ
      を見つけられず困ってます。、
      足が強いと先生からいわれるけれど
      強いのではなく無理していると本人はわかっているようです
      18歳で161センチになり最近は下半身が太くなり
      上半身が細いので下半身との差がかなりあります。
      トウシューズは
      娘には何がおすすめでしょうか?
      外板母子もひどく
      小さい頃通った教室では
      3年生でトウシューズブロックを
      折りはいてましたから
      脚の負担もかなりだと思います

      親としてはもう辞めてほしいのですが。。。
      冬のコンサートまで
      続けさせてほしいと言われ
      それまで
      少しでも脚に負担がないように
      合うトウシューズを見つけさせて
      ストレスを軽減させないとなりません
      今は広め幅23,5セレナーデですが
      先生から幅が広いセレナーデ合ってないのでは??
      と言われ他探しています

      靭帯は伸びたとかで
      今週までレッスンはお休みしてます
      今まで脚の怪我がなかったので
      軽く考えているようです
      が大変なことだと思います
      疲れてて
      飛んだときに
      気が緩んで脚を痛めたと
      嘘をついてましたが
      無理やり」病院へ連れてき
      レントゲンをとり当分休むように
      言われ休んでいます

      長くなりましたがおすすめのメーカーなど
      ありましたら教えてくださると嬉しいです
      上手く文章で伝えられず
      わからないと思いますが
      こうが出やすい脚のようです
      小さい頃はとても体も
      柔らかい子でした、
      今もしなやかではあると思いますが
      脚tがちゃんと立ちきれていないような
      ことを本人は言ってます
      拙い長文で失礼しました。

      おすすめのトウシューズがありましたら
      よろしくお願い
      いたします。

      Reply
      • July 14, 2018 at 12:01 pm

        きょうこさん、
        辛い状況ですね。ただ、メールでいくら詳しく書いてくださっても、私からこの靴が、という事はできません。
        ただ、ダンサーの足セミナ―というものをDLSでは行っていて、そこでは自分の足の癖を知り、踊りの癖をしり、そして自分の足にあったシューズの選び方、
        ゴムの付け方、ポワントで踊るための脚の鍛え方などを4時間かけて行っています。
        ですので彼女はそちらに参加してもらうのが一番いいと思います。
        ただし、このクラスは、9月来日セミナ―時はないので、今後のDLSのアップデートをチェックしてください。

        文章内で気になったのは、バレエをやる、やらない、はお母さんの許可はいりませんし、あなたが決定することではありません。
        なので、その部分はしっかりと頭にいれて。
        彼女が大人になったとき、「あの時続けていたらな」と常に考えるようになってしまったら、
        長い人生悲しいものです。
        一生懸命打ちこんだということ、親でも、バレエの先生でもなく自分でバレエ人生のチャプターを閉じる決断をすること、というのは後悔しない人生のために非常に大事です。
        また、コンクールに落ちた=シューズのせいでもありませんから、そのような事は口にしないように。
        文章だけで言えば、おかあさん本人が勉強をする必要があるように感じました。その場合、バレリーナの卵サポートセッションというのがあります。
        詳細はサイトに載っているし、今度の9月に行われるものなので、そちらもチェックしてください。

        Reply
    • December 2, 2018 at 12:09 am

      佐藤愛さん

      こんばんは。わたしは大学生で、バレエは16年続けています。

      私はずっとグリシコのトーシューズを履いています。
      形が一番合ったのがグリシコなので店員さんに聞いてもやはりグリシコに収まるのですが、今はいているのがグリシコ2007は3/4ソールです。しかし、2007だと固くて2007proという、同じ形だけれどボックスが柔らかいものに変えようかと思っています。
      2年ほどブランクがあり、脚の強さには自信がありません。
      脚があまり強くないのならば3/4ソールはやはり良くないでしょうか。
      また、グリシコ以外のトーシューズも試してみるべきでしょうか。

      何かアドバイスがありましたらよろしくお願いいたします。

      Reply
      • January 24, 2019 at 2:29 pm

        まきさん、こんにちは。
        実際に踊りも見られないし、過去ケガの歴史なども知らない私から説明できる部分は本当に少ないです。
        そのための「ダンサーの足セミナ―」というものをDLSでは定期的に行っているので、詳しい話はそちらを受けてください。

        ただ、最後の「グリシコ以外のポワントを試してみる」という部分。
        それの答えは「もちろん!」です。
        試す、体で体験するというのはダンサーにとってはとても大事だし、それが一番信じられるはず。
        そこは一人でもできるはずですから、様々なメーカーでフィッティングしてもらってください。

        Reply

    コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
    また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。