Seminar / イベント情報

セミナー

  全てのセミナー、申込みは7月16日日本時間朝6時より始まります。 申し込み方法はこちらのページをご覧ください。   海外在住者で時差の関係や飛行機の手配の関係上、申込み争奪戦まで待つことが難しい方は事前にご相談ください。 セミナ―内容に関する質問はhello@dancerslifesupport.comにてメールでご連絡ください。   *(私はセミナーに参加しない方がいいですよ、というのをお返事で書くことがあります。 それは嫌っているのではなくて、せっかくお金と時間を使うならば、一番自分にあったものに参加してほしいから言います!ご了承くださいね) 年齢制限はセミナーによって違いますのでしっかりと詳細をお読み下さい。 またDLSの年齢制限についての説明をこの記事の一番下に書きましたので、合わせてご覧ください。   全てのセミナーで、体型や才能なんて関係ありません。 バレエが大好きで、勉強熱心なダンサーをお待ちしております! 表現力セミナ― 9月16,17,18日(都立大学駅) 対象:15歳以上20歳以下のダンサー(グループ1)、20歳以上のダンサー、教師(グループ2) グループ1(15歳ー20歳のダンサー) 10:00-11:15 解剖学ベースクラシックバレエ 11:30-13:00 クラシックアドバンス・表現力ワークショップ・コンテ&インプロ   グループ2(20歳以上のダンサー、バレエ教師) 13:30-14:45 解剖学ベースクラシックバレエ 15:00-16:30 クラシックアドバンス・表現力ワークショップ・コンテ&インプロ   秋といったらDLS表現力セミナー! 去年からDLSレギュラーセミナーになったこの表現力セミナーですが、今回はゲスト教師も一人増え、より濃い3日間になることでしょう! 一コマ目は3日間続く私との解剖学レッスンで体の使い方を徹底的に勉強しましょう。   2コマ目は毎日内容が違います。 初日は元新国立バレエ団の西山裕子さんによる、クラシックアドバンス。 こちらでは私のクラスで行ったアンシェヌマンをより深く読み解き、レッスン内で必要な表現力を勉強します。   2日目は元劇団四季のエモーショナルトレーナー、水井博子さんによる表現力の原点を学ぶクラス。 ただ笑顔!でではない、舞台で使える表現力の基本を学びます。   最終日は海外留学経験も豊富な現役ダンサーのさゆりさんによる、コンテンポラリークラス。 このセミナーで勉強した表現力、と言うものを踏まえ、自分で創作するインプロも含めたダンスを学びます。 バレエダンサーを目指していたら絶対にやっておきたい練習ですが、日本のスタジオやワークショップでは甘く見られがちなエリアをカバーします。 発表会やコンクールでなくても普段のレッスンでも表現力は必要です。特にオーディションをカンが手ている人達は、レッスン内容がオーディションになりますので、練習をしなければいけませんよ。   もちろん教師の方も表現力を指導するためにはこの「力」について知っておかなければいけませんね。 グループ2では指導時に気をつける事やレッスンで出来ることなどもお話ししていきますのでお楽しみに。   講師紹介など詳細はこちらのページをどうぞ ダンサーの足 インテンシブセミナー 9月23日&24日(都立大学駅) 対象:中学生以上のダンサー、教師   グループ1 (目黒、洗足) 9月23日 16:30-20:30   グループ2 (都立大学駅) 9月24日 16:30-20:30 *両グループとも、内容は同じになります。都合のつきやすい方(もしくはまだ空きがあるほう笑)をお選びください。 定員に達しました。ありがとうございました。 キャンセル待ちをご希望の方はhello@dancerslifesupport.comにキャンセル待ち、という題名で、お名前、参加希望セミナーの名前を書いたメールをお送りください。 […]

セミナー

世界各地で使われているワガノワベースのバレエシラバス、ACBプログラムの説明会が日本で行われます。通訳付きで、シラバス創立者に直接質問ができるチャンスでもありますので、バレエ教師の皆さんは是非参加して下さいね。

書籍

佐藤愛著「本気でうまくなりたい人のためのダンス解剖学教室 バレエの立ち方できてますか?」の4月23日より先行予約を開始します!先行予約だけの特別プレゼントもたっぷりなのでお見逃しなく。バレエの基礎であるバレエスタンスを解剖学とエクササイズでご紹介しました。全ての土台となるバレエスタンス(立ち方)を一緒に勉強していきましょう!

セミナー

今回のマスタークラスでは、モジュール1で背骨を感じて踊ること、モジュール2でターンアウトを復習、応用していきます。DLSのマスタークラスは教師のためのバレエ解剖学講座受講者の復習・応用クラスです。勉強熱心なバレエ教師を応援していきます。(次の教師のためのバレエ解剖学講座は2018年1月に行われます)

セミナー

ダンサーを治療バレエダンサーの治療、トレーニングは特殊。並外れた柔軟性が必要な上に、アスリート並みの筋力、持久力が求められる上に、身体的なラインやプロポーションも非常に重要なポイントとなっています。その上、クラシックバレエだけでなくコンテンポラリーやキャラクターダンスなど様々なジャンルの踊りを芸術的にこなさなければいけません。自身がバレエダンサーとしてトレーニングを続け、海外に留学経験を持つ上、そして10年以上プロを育てているバレエ学校の専属セラピスト兼講師として日々ダンサーと向き合っている佐藤愛が、最新の研究やプロバレエ団の医学情報をお話するプログラムです。

セミナー

DLS9月来日セミナ―のメインイベント、表現力セミナ―がパワーアップして戻ってきました。前回と同じように3日間かけて表現力を磨いていきますが、今回は教師が4人!舞台やオーディションで大勢の中から光るものってなんなのか?付け焼刃ではなく、もらいものでもない、自分だけの芯のある表現力を身につけていきましょう!

オーディション

メルボルン、オーストラリアにあるThe Australian Conservatoire of Balletのディレクター、元オーストラリアンバレエ団プリンシパル、ACBシラバス創立者、そしてオーストラリア名誉国民リストに登録されているChristine Walsh AMが2018年留学生のオーディションとワークショップを行います。2年間コースで本格的にプロダンサーへのトレーニングを受けたい方はどうぞ。

  • 先行予約受付中!

  • Facebook

  • Twitter