アライメントという壁


アライメントという壁

 

 

アライメントという言葉を聞いたことはありますか?

 

アライメントと辞書で調べてみると「配列」と出てきます。

ダンス、またはスポーツを行う人にとって、アライメントとは骨格の配列の事をさします。

アライメント

ということですね。

なんだか言葉だけでは難しそう・・・

 

具体的に正しいアライメントが何かを説明する前に、どんなメリットがあるのか書いてみましょう。

 

  • 怪我を防ぐ
  • テクニックを向上させる
  • 疲れないで踊り続ける
  • パートナーに負担をかけすぎずに踊る
  • 体に無駄な筋肉がつくのを防ぐ
  • 舞台映えがする

 

素晴らしい!!

でもどうして?

 

正しいアライメントをキープすると、正しい筋肉を効率よく使うことが出来ます

そのため間違ったところに無駄な力が加わらないため、

怪我を予防することが出来ます。

 

正しい筋肉にアクセスすることが出来るということは、テクニックの向上にもつながります

 

また、効率よく筋肉が使えるということは、

無駄な力を使わなくても体が動くということですから、長時間踊っても疲れづらくなります。

(この話は柔らかい体のメリットでもお話しましたね。)

 

アライメントが正しいと、体のセンターが自分でも感じられますが、

パートナーにもわかりやすいということ。

つまりパ・ド・ドゥの時にお互い踊りやすくなるのです。

 

正しいアライメントの時、体は一番自由に動きますし、手足を長く使うことが出来ます。

なぜなら、姿勢を保つために使う筋肉の量が最小限でいいので、

残りの筋肉をダンスに使うことができるからです。

 、

そのため舞台映えがする、と言う理論です。

 

 

皆さんの興味をそそれましたでしょうか?

 

では実際に正しいアライメントとはどういうものなのか?

というと下の図のように体のランドマークが一列に並ぶことを言います。

 alignment

 ,

,

もちろん、踊っている時にここに挙げた全ての点が一列になっていることは不可能です。

 

ただし、絵を書くときに白いキャンパスが必要なように、

体を動かしていない、まっすぐに立っている時に正しいアライメントに戻ってくることは

ダンサーにとって非常に大事なことです。

 

自分が「正しいと思って立っている」のと、

実際に「まっすぐに立つ」ということは違います。

 

特に「引き上げ」ようとして肋骨が前に出っ張ってしまったり、

骨盤をタックインしすぎてしまったり。

というのはよく見られる間違いです。

pelvic-alignment⇒骨盤のプレースメントについての記事はこちらから

⇒引き上げって何!?

⇒腹筋と引き上げの関係はこちら

⇒背筋と引き上げの関係はこちら

 

 

 

私達の骨格は一人ひとり違うので、

正しいアライメントの見た目も一人ひとり違います。

けれどどこの骨のランドマークを通るか、という数式は変わりません。

 

どんなジャンルでもダンスを教える人はこのことをしっかり教える必要があります

 

 

正しいアライメントで動くという感覚は体で、

つまりマッスルメモリーで覚えなければいけません。

(マッスルメモリーについてはこちらをご覧ください)

 

DLSセミナーでは、この理論をお話するワークショップと、

実際に感覚を覚えるための練習をするワークショップがあります。

 

このトピックに興味のある人はぜひセミナーに参加してみてください。

メルマガに登録しておくと、最新情報がゲットできますよ。



 

 

Happy Dancing!

1373885444176


  • コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
    また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。