癖を取る、癖を付ける・・・ テクニック克服のヒント


癖を取る、癖を付ける テクニック克服のヒント

いつもどこでも怪我しているダンサーのリハビリをしている訳ではありません。

上手になりたい!

先生に言われた注意を直したい!

なんて子たちもいっぱい会いにきてくれます。

 

12歳の子だろうが、20歳でセミプロだろうが、

コンディショニング、トレーニングをしている時にやっている事。

それは

癖をとること

癖を作る事

です。

 

癖を知る事

癖を知っている人は癖をとることから始められますが、

癖を知らない人の場合、自分の癖を知る事から始めます。

 

ここでいう癖って体の事だけでなくって、考え方やメンタルも含まれます。

  • 辛かったら力を抜いちゃうのか。
  • 頑張ろうとして無駄に力んでしまうのか。
  • 30分以上経つと頭が次の予定を考えてしまうのか。
  • 他の人と比べてしまうのか。
  • 何を見ているのか分かっていないのに鏡ばかり見ているのか。

 

これらも立派な癖です。

そしてこれを知らなければなおせませんよね。

 

癖を「正しく」知るというのも大事です。

私は肩が上がっちゃうんです。

というのは癖を知っている事になりません。

 

腕の動かし方が悪くて肩が上がっているのか、

上半身をホールドしておく筋肉が足りなくてなっているのか、

肩が上がって見えているけれど、実は肩ではなく肋骨があがっているのか、

 

またどこでそうなってしまうのか?を知らなければ直せませんから。

5番ポジションになったときはいつでもそうなってしまうのか。

センターでなってしまうのか。

右と左では違いがあるのか。

アレグロのときなのか、ジャンプの空中でなのか。

ポーデブラだけでは出来るけれど、アダージオになったら使えないのか。

 

レッスン注意をしっかりと理解したり、

バレエノートを書く事もこの部分を助けてくれますよ。

 

癖をとる

癖が分かったら癖をとります。

 

なんでダンサーが癖を取らなければいけないのか?

それはダンサーは振付家にとっての白紙のキャンバスでありたい。

という芸術家的なことから、

癖を直せない=自分の体を扱っていない

という運動的なことまで理由は様々。

 

だけど癖をとるって自分らしく踊らない、という事ではないよ?

音のため方、表現、つなぎのステップの使い方…

こういうところで自分らしい踊り、役にぴったりな表現を考えてくださいね。

 

どうやって癖をとるの?っていうのはその人によりますから、

今度ケーススタディを見てみましょう。

 

今日は大まかな流れだけね。

 

ポーデブラだけでは出来るけれど、アダージオになったら上がっちゃう肩。というのを使ってみましょうか。

 

肩にふれません。

以上!

 

え??

 

まーその人によりますが、アダージオで使えなかったら、多分脚を上げたり、

ゆっくりの動きだったりがしっかりと出来ていない。

つまり、動きに安定がないので、安定を作るために無駄な力が働いてしまっているのではないか?と考えられます。

 

よって、肩のエクササイズや腕のエクササイズをしても治りません!

 

その場合、

軸足の安定

脚を上げる練習

が出来てから

ポーデブラを見ていきます。

 

 

癖を作る

それができたら、今度はこれが自然に、そして自分で考えなくてもオートマチックに出来るように癖を作ります。

 

何度も何度も繰り返す事。

難易度を上げても、応用したエクササイズを入れても使える事。

 

この部分が出来なければ注意は治りませんよね。

 

忘れがちなんです。

問題が分かったらオッケーとか、

エクササイズを齧ったら準備できた、とか。

 

そうじゃなくって、癖にならないと踊っているときに使えませんでしょ?

肩の事を考えながら人間の感情を表現できますかね?

芸術家として舞台に立つ時、表現をしたい時。

体の事は忘れているはずです。

 

そこに持って来れるだけ練習の数をこなさなきゃ。

 

何のためにレッスンを受けているのか?

やっぱりここに戻ってきますが、レッスンの理由は上手になりたいから。

だからこそまずはレッスンの注意をしっかりと理解しましょう。

その時、振付けを間違えていたらお話しになりませんけどね。

そしてエクササイズは知っているだけではダメで、やりこむこと。

 

これがテクニック克服のヒントです。

 

→レッスン注意の理解の仕方

→振付けを覚える事は絶対です

→エクササイズを知ってるとやってるの違い

→レッスンノートの使い方

 

p.s.

レッスンを「見る」っていうこと、注意を理解するっていうことは当たり前みたいに言われているけれど練習している人はほとんどいないですよね。

9月セミナーの一部、「表現力セミナー」の中に、でレッスンを「見る」方法を勉強するクラスがあります。

何を見ているのか、見ることでどうやって自分の癖と先生の言葉を理解できるのか。

ケガしていても、病気でレッスン見学しなければいけない時も、

DVDを見ているときでも上手になる方法をお話ししますよ!

→表現力セミナーの詳細はこちらから

 

申し込み争奪戦情報を確実に手に入れるにはDLSメルマガへ。




Happy Dancing!


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *