素早い踊りの出来る体を作る 愛さんに聞いてみよう!


素早い踊りの出来る体を作る 愛さんに聞いてみよう!

今日も春期来日セミナーで頂いた質問に答えていきましょう。

 

お題は「素早い踊りの出来る体を作るには?」

 

質問をアップしますね。

 

素早い動き

 

どこの筋肉を答えたらいいですか?

という事なので答えは「弱いところを鍛えてください。」

。。。?

なんだそれ?

どこが弱いのか分からないんだから質問してるんですって。

 

そうですねー。

素早い踊りとは何かが分かると答えが見えやすくなります。

 

素早い踊りが出来ないという意味は

  1. 同じステップをゆっくりやったら出来るのに、シャープな動きが出来ない
  2. 同じステップをゆっくりやっても出来ない。

という2つの問題があります。

 

素早い踊り、というとバレエではアレグロを考えたくなりますよね。

具体的なアレグロのアドバイスは、アレグロについて書いたシリーズがあるのでそちらも参考にしてください。

 

ただし、バレエにおける素早い踊り、というのはアレグロに限った事ではありません

ゆっくりなアダージョの中にもアクセントがあるかもしれないし、

柔らかなポーデブラでも素早く動いて、柔らかくおりてくる、なんて場所があるかもしれません。

 

なので、素早い動きが出来ない、と思っていたらまずは上であげた

  • 同じステップをゆっくりやったら出来るのに、シャープな動きが出来ないのか?
  • 同じステップをゆっくりやっても出来ないのか?

を確認してください。

 

確認の仕方は簡単。

同じアンシェヌマンを着実にスローにするのです。

そのとき、1つのステップを遅くするのではなくって、全てを均等にゆっくりにしてくださいね。

という事は超速い動きは、ただの速い動きになるだけ。

スロモのビデオを見ているみたいな感じです。

 

 

同じステップをゆっくりやったら完璧にできるのに、音楽が早くなったら出来なくなる

この場合、スピードが決め手になります。

つまり、どこか一カ所、この質問では足の裏とかね、を重点的にエクササイズする必要がないということ。

それよりは、ゆっくりで使えている筋肉を少し早く動かしてみましょう。

それが出来たらまた少し早くする・・・

といった具合にエクササイズの難易度(この場合はスピードが難関)を変更していくのです。

 

動けるぎりぎりのスピードで何度も練習を繰り返し、完璧にこなせるようにします。

そして自分にとって難しいスピードに戻ってみます。

これの繰り返し。

 

もちろん、ただ繰り返せばいいだけではないですが、そうする事で自分の弱点が見えてきます。

これ以上速く動いたらずれてしまう体幹。

出した足が速さに流されてしまって、正確な位置にいかなくなってしまう。

その場合は次のアドバイスを参考にしてね。

 

 

もしできない部分が全体ではなくって、一つのステップだった場合。

その部分を分析していきます。

素早いステップの後のピルエットは上手く決まらない、という例を使いましょうか。

今までレッスンではゆっくりの、ワルツのピルエットしか練習していなかったかもしれませんよね。

そうしたら、素早くつくるピルエットの練習を行います。

 

幸いにもDLSにはピルエットを分析してみた記事があります。

そこに書いてある注意ポイントを全て「早い」動きの中でチェックしてください。

ゆっくりはできて、素早くはできない。

そうしたら上で挙げたように、できるぎりぎりで練習を続け、その後に難しいスピードでチャレンジしてください。

 

もしかしたら、ピルエット自体に問題はないかもしれませんよ。

ピルエットに入る前のプリエが問題かもしれません。

つまり、速い動きに流されちゃって、ちゃんとしたプリエに入れていないとかね。

そういう部分も分析をしていく事で見えてきます。

 

 

同じステップをゆっくりやっても出来ない

この場合、出来ないステップを練習するしか方法はありません笑

バレエにはゆっくりのステップと早いステップ、という境界線はありませんよね。

という事は、全てのステップが自分の思ったスピードでできなければいけない。

という事は、エクササイズの原理からみて、

 

簡単な事ができなかったら応用はできないんです!

普通に踊っていてできない事は、速い動きではできません!

 

なのでゆっくりのうちにしっかりと練習する必要があります。

 

アレグロでできない事は、ゆっくりのセンターでできません。

バーで出来ていなかったら、センターでは出来ません。

この場合、自分のレッスンを見直してみる必要が出てくるって事ね。

 

速い動きじゃないから、ってセンターで100%レッスンしていないかもしれません。

バーがサポートしてくれるからって、バーレッスンで自分の力で踊っていないのかもしれません。

そうして足りない部分を強化していってください。

 

 

速い動きをしたかったら速いトレーニングが必要

エクササイズを日本で指導している時、みんな素晴らしくゆっくりやっているのを見受けます。

特に正しい筋肉を使う、という感覚が分かっている人ほど、素晴らしくゆっくりやりたがります。

大事なステップです。自分で自分の体を感じる為には。

だけどね、それでは速い動きが出来るようになりません。

だって練習してないじゃない!?

 

癖を取る、癖を付ける、という記事でも説明したけれど、

正しい筋肉を使う、という準備ができたらその後は反復、反復、反復…

10回試してみて、3回出来た!では舞台で使えませんからね。

 

 

速い踊りがしたかったら速いレッスンが必要

もう一つ、研究熱心なダンサーが陥りやすいポイントとして、エクササイズばっかりに目がいってしまう事です。

エクササイズはサプリメント。

だから、踊りで使えるようになりたかったら踊りを練習しなければいけないんです。

 

アレグロでつま先が伸びない→つま先を伸ばすエクササイズ!

といく前に

 

アレグロでつま先が伸びない

センターで出来ているか?no

バーで出来ているか?no

それでも出来ていなかったら、エクササイズが必要になります。

 

 

この例では

  • つま先を伸ばす筋肉が足りない場合
  • 片足でタンジュを仕切れない場合
  • つま先は伸びるけど感じられない場合
  • つま先を伸ばそうとすると他の部分がお留守になってしまう場合

などでエクササイズする場所が変わってきます。

 

  • つま先を伸ばす筋肉が足りない場合→ふくらはぎVS足の裏、どっちが弱いのか?
  • 片足でタンジュを仕切れない場合→タンジュという股関節、膝関節、足関節の動きをチェック
  • つま先は伸びるけど感じられない場合→頭で理解する為のニューロエクササイズ
  • つま先を伸ばそうとすると他の部分がお留守になってしまう場合→他の部分の筋トレ

こんな感じね。

 

だけどエクササイズで出来たからっていっていきなりアレグロで使えるようにはなりません

座ってつま先が伸ばせても、

ジャンプしながら、体重を蹴り上げ、ポワントシューズの中でつま先が伸びるようになる訳ではないのでね。

バレエで使える、舞台で使えるっていうのは、踊ってみてジャッジができるの

 

もちろん、ケガをしている人、踊る場所(レッスンに行く時間)がない人は

お家で出来る、自分で出来るエクササイズをやる事に大きな意味があります。

やらないというのはゼロですから。

 

答えになったら嬉しいです。

 

Happy Dancing!

ai

 

 


  • コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
    また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。