Seminar / イベント情報

セッション

セッション   バレエダンサーは早い段階で自分の将来の方向性を決めなければいけないことがありますよね。 学校の先生はもちろん、親もバレエの世界は分からないから留学についてや就職など相談しづらい…という事がありませんか?   また、ケガをしているダンサーは、リハビリやレッスンの受け方を治療家の先生たバレエの先生に聞いても「自分で考えて」とか「痛くない範囲でやってね」と言われてしまい、どうしていいのかよく分からないなんてことはありませんか? 早くケガから復帰するためには、今できることがあるはずなのに…   そんなダンサーのために、ケガとの向き合い方や、リハビリエクササイズの準備、将来の相談など、 個別ではないと相談出来ないダンサーの悩みを相談できるように個別オンラインセッションが出来ました。   長期のケガや病気で治療を受けている場合や、コロナでバイトが減ったなど金銭的に苦しいダンサーのために、ダンサー用個別オンラインセッションにはスカラシップがあります。 サポートが必要な人は詳細を読んでくださいね。 対象者 高校生以上のダンサー(未成年のケガの相談の場合は、相互理解やお家で出来ることなどをお話するため、保護者に同伴をお願いする場合があります) 但し、フルタイム、パートタイムのバレエ学校に通っている場合、中学生でも可。   *先生が相談したい場合は、教師、治療家・トレーナー用のセッションをチェックしてください。   セッションでお話出来ること プロダンサー、バレエ学校生徒で怪我の治療は受けているけれど、バレエ専門のリハビリが受けたい バレエが大好きだけど、将来や進路で悩んでいる 怪我から早く復帰するためのレッスンの受け方や日常生活で気を付けることなど、アドバイスが欲しい   セッションでカバーできないこと 怪我の相談の場合、治療や診断、医療アドバイスは出来ません。 すでに診断されている怪我で、バレエに復帰するためのリハビリや、生活生活で気を付けること、レッスンの受け方や、ケガとの向き合い方などをお話することになります。 オンラインセッションなので「こんな痛みがあるんです、どうしたらいいですか?」というような質問にはお答えできません。   セッションの前に確認してほしい事 病気のため、すでにカウンセリングやセッションを受講している場合、心理士やカウンセラーの人にセッションを受けることを相談してみてください。   *こんな事を相談したいんだけど、申し込んで大丈夫?と思った人は事前に hello@dancerslifesupport.com にメールをして確認してくださいね。   セッションの方法&料金 1セッション 12000円 個別セッションはZoomを使って行われます。 前半(45分)と後半(45分)に分けた計90分が1セッションとなります。 *前半と後半の間の時間に宿題や、リサーチしてもらいたい事、考えてほしい事などお題を提出します。   追加セッション(45分) 6000円 *追加コマは最初のセッション(前半・後半)を受講し終わった方で、もっと時間が必要な人が追加購入できます。   BT-DLSスカラシップ すでにプロとして活動している方および、プロを目指す意欲はあるけれど今後のキャリアの方向性やケガなどで悩んでいるダンサーのダンス生活を広く支援することを目的とし、 夢に向かって進んでいるダンサー達を応援するためのスカラシップをバレエトレーニングディレクターの猪野恵司さんが提供してくれています。   このスカラシップにより、 初回2セッション分の費用12,000円の7割(8,400円)が免除となります。 追加セッションの場合は、1回6,000円の7割(4,200円)が免除となります。 ただし、一人当たりのスカラシップ利用上限は4回までとします。   スカラシップの詳細については、DLSスカラシップ概要のページにてご確認の上、そちらのページにある「応募フォーム」からお申込みください。 […]

セミナー

2021年、ダンサーのためのボディコンディショニングクラスが手軽にオンラインで、しかも毎週!受講できます。 去年はパンデミックで世界が大きく変わりました。 舞台に立つ バレエを見に行く バレエ留学する&海外カンパニーに就職する こんな日常が無期限延期になりましたよね。 レッスンだってオンラインになったり、スタジオに行けたりと状況が大幅に変わりましたよね。 バレエダンサーにとってはもちろんだけど、バレエという芸術や教育に関わる様々な人達にとって、先が見えない辛い1年だったと思います。   モチベーションを保ち続ける事が大変だったり、不安に押しつぶされそうになったり。 または、久しぶりにレッスンに戻れたのに、以前のように動けない自分の体に嫌気がさしている人もいるかもしれません。 もちろん、焦りもあるよね。   だからこそDLSは、毎週日曜日の朝に体と心に向き合う時間を作りました。 体が唯一の楽器であるダンサー達が、体をコンディショニング=調整し、整える事(conditioning)ができるサークルです。 「サークル」と言っている理由は気軽に参加してほしいから。 サークルには「同じものが好きな人達」「仲間」、そして「輪」という意味があります。   オンラインではあるけれど、Happy Dancingを目指して自分と向き合っていきたい人達が集まれる場所になりますように。 参加条件 中学生以上のダンサー、バレエ教師、大人バレエトレーニー Zoomで行われるクラスなので、ネット環境が整っている方&Zoomアプリを使える方のご参加をお願いします。 現在ケガをしている人、病気がある方は申し込みの前にメールで相談してください。 2021年に中学生になる子たちもOKです。 クラスは原則として日本語で行われますが、英語でのアシストが必要な場合は申し込み完了メールに返信してご連絡ください。 大人バレエトレーニーの場合、 バレエ歴(及びダンス歴・エクササイズ歴)が5年以上(途中ブランクがあってもOK) レッスン(及びエクササイズ)をコンスタントに週2回以上受けている方 という条件を満たしている方のみご参加ください。 受講料および定員&申込み日時 1か月パック 11200円 毎月15日から翌月の1か月パックのお申し込みが開始されます。 1か月パックには4回のクラス+毎月最後のクラス後に行われるボーナスセッション(その月のテーマやエクササイズに対する解説とQ&A・45分)の参加権がゲットできます。 1クラス 3000円 毎月20日から翌月の単発クラス4つのお申込みが開始されます。 1か月パック購入者で定員に達してしまったクラスは購入ができません。ご了承ください。 キャンセル待ちをご希望の方はhello@dancerslifesupport.comに希望する日にちと参加者名をお送りください。 定員 20名   スカラシップについて ボディコンサークルには、コロナの影響を受けたダンサーやご家族をサポートするスカラシップがあります。詳細、スカラシップを応援する方法などはこちらのぺージよりご確認ください。 トピックとスケジュール 全てのクラスは朝9:00-10:00(JPT)に行われます。 その月のトピックに関連するエクササイズを毎週行いますが、毎週少しずつ難易度が上がったり、前の週の応用なども行っていきます。 持ち物(エクササイズバンド、タオル、ボールなど)はその月によってかわります。申し込み完了メールに記載されていますのでそちらを参考にしてください。 3月:踊っている時の「スクエア」を感じよう 定員に達しました 3/7、3/14、3/21、3/28 キャンセル待ちをご希望の方は、hello@dancerslifesupport.com 宛にご希望の参加日、受講者のお名前をメールで送ってくださいね。 4月:しなやかな背中を作ろう 申し込みは3月15日スタート! 4/4、4/11、4/18、4/25 5月:背中から腕を使う感覚を身につけよう 5/9、5/16、5/23、5/30 6月:骨盤周り。おしりとおなかに愛情を! 6/6、6/13、6/20、6/27 […]

セミナー

バレエ解剖学を学ぶと、体の構造を知っていれば防げるケガや、安全に指導する方法が見えてきます。 でも、 すでにケガしている子がクラスにいる場合は、レッスンを続けて大丈夫? 生徒が痛みを訴えてきたときに、どうやってその日のクラスに参加してもらったらいい? お医者さんからOOだと言われました、と保護者に言われたけれどその意味がよく分からない… なんて悩みの声を生徒思いの先生方からよく聞きます。   もしくは 今現在スタジオにはケガしている子がいないけれど、ダンサーによくあるケガを勉強しておくことで、レッスン内でできる予防策を知っておきたい! ケガから戻ってきた子へがまだやったらマズい動きや、発表会の振付で意識したい事を知っておきたい という勉強熱心なバレエ教師用に「バレエ教師がレッスンを指導する」ための月一勉強会を作りました。   先生を信頼してスタジオに通ってくれる、将来の夢に溢れた生徒たちを、指導者の勉強不足で潰さないために。 保護者からケガについて相談されても「治療や診断はしませんが、今日のレッスンではこのように対処しますね」と自信をもって答えられるように。 コンスタントなインプットと具体的なアウトプット方法と、月に一度叱咤激励されるために!? 一緒に勉強していきましょう! 月一勉強会について 2021年5月より、毎月最終月曜日に行われる勉強熱心なバレエ教師のためのオンライン勉強会です。 各月のトピックの説明だけでなく、具体的にレッスンで気をつける動きや、アンシェヌマン&レッスンプランの変更方法、レッスンで役に立つキューイングなどをお話していくため、バレエダンサーをレッスンで指導するときに使える知識となります。 事前フォームにて頂いた疑問点や質問もクラス内容に反映されるため、参加者の現在の悩みを解決していく事ができます。 当日ライブで参加できない、勉強したいけれど時差がある…という方もクラス終了後、録画版を手に入れる事ができます。   <こんな人に向いています> バレエダンサーによくみられるケガや症状を理解し、より安全なレッスンを指導していきたい人 セミナーシーズンのように短期間に大きな出費があると不安だし、脳みそ崩壊寸前になるため、月一でのインプットの方がいいという人 バレエダンサーの目線からバレエで見られるスポーツ障害などを理解し、現場の声を参考にしたい治療家 <こんな人には向いていません> 教師講座を受けた大人バレエトレーニー(絶対に参加ができないわけではありませんが、指導法やレッスンプランの話が多く出てくるため役に立たないかもしれません) セミナーシーズンのように短期間に詰め込み勉強の方が、危機感があっていいと思う人(セミナーシーズンに月一勉強会のトピックは行われませんのでお気をつけて) 具体的な治療法やエクササイズプラン(リハビリプラン)が欲しい人 オンラインで勉強するのが嫌いな人 ディスカッションルームについて 勉強会でカバーした内容を、1週間後に復習しつつ、実際にクラスに取り入れてみた時に発見した疑問や「こういう生徒がいるんです」というケーススタディを話し合う、 名前通り「ディスカッション(議論)」する小部屋です。 <ディスカッションルームの特典> 少人数で復習、質問はもちろん、ケーススタディの話し合いや、レッスンへの取り入れ方、生徒への説明方法などを話し合う事が出来ます。 ディスカッションルームの1週間後に復習クイズシートが届きます <こんな人に向いています> 勉強してすぐに質問が出てくるタイプではないため、考えたり、レッスンに取り入れる時間が欲しい人 講義だけでなく、会話やほかの人の質問、ケーススタディなどを聞いたり考えたりした方が頭に入る人 勉強会当日はライブで参加できない為、録画版を自分で勉強した後に質問をしたい人 <こんな人には向いていません> 月一勉強会のトピックに当てはまる生徒が多すぎて、受講したいクラスがたくさんあるため、金銭的に辛い人 他の参加者の質問や会話を聞くことに興味がなく、自分の勉強だけにフォーカスしたい人 ディスカッションルームにライブで参加できない人(個人的な質問や会話があるため、当日参加者以外は録画版にアクセスできません) 参加条件 DLSの教師のためのバレエ解剖学講座モジュール1&2をすでに受講している人 バレエ教師でなくても、モジュール1&2を受講した事がある方は受講できます 講座をリピートしていなくても大丈夫です 次回の教師のためのバレエ解剖学講座モジュール1&2は春のセミナーシーズンに行われる予定です 2018年以降DLSのセミナーを受講した治療家(理学療法士・柔道整復師・鍼灸師など) 教師のためのバレエ解剖学講座シリーズでなくても、DLSのセミナーやインハウス勉強会参加者であれば大丈夫です バレエ教師用のセミナーになりますので、治療法やリハビリプランの具体的な話は勉強会ではできません。個別の質問に答えるディスカッションルームにてお願いします。 受講料・申し込み方法 勉強会: 1万円/クラス […]

スカラシップ

2020年は世界的に大きな試練がありました。 コロナはもちろんですが、人種差別の深い問題やメンタルヘルスについても、流行りの話題…で終わらせたくないトピックがたくさんありましたし、まだまだ解決まで程遠いですよね。 テレビの中の話、で終わらせてはいけない理由の一つに、これらの問題はダンサーには非常に身近なものだってことがあります。 コロナについては舞台に立てない、などの問題ではなく、軽症・無症状でも肺への影響があるかもしれないことや、再感染したというケースも発表されている、つまりまだ健康への被害サイズがよく分からないという現実は体を使うダンサーにとって怖いですよね。 人種差別はバレエ界に根強く残っているもので、海外で活躍したいダンサーだけでなく日本国内でも見られる部分。 摂食障害も含まれるメンタルヘルスは、まだまだダンサーを始めとするアーティストサポートの大きな課題ですが、コロナからの影響はもちろん、差別被害者にも通じます。   でも、試練は学びの場。 DLSが2020年に深く学んだことはインクルーシブな学びの場をダンサーに提供する必要性でした。 男性ダンサーへの情報提供やシェアは現在進行形でブログやインタビューなどで行っていますが、まだ足りているとは思っていません。 今年も引き続きカバーしていきたいと思っています。   「自分より辛い状況にいる人がたくさんいるから、スカラシップなんてもらえないよ」と思う人が多いと思うのですが、サポートの先払いだと思ってください。 大変な時には「ちょっと大変かも。」って言っていいんですよ。 そして状況がちょっと良くなったら、その時にちょっと大変かも…という人にバトンを渡してあげてください。 ちょっとだけサポートが必要な時に助けてもらった方が、戻ってくるまでの時間が短縮できます。 という事は、借りを返す(笑)までの時間も短縮されて、結果多くのダンサーにバトンタッチできます。   It is OK to be not OK. 平気じゃなくてもいい、という事を忘れないでくださいね。 お金「だけ」がサポートではないです。あなたの時間もネットワークも大きなサポートになります。 スカラシップを応援する方法もページの最後に書いてあるので読んでもらえると嬉しいです。   2020年にDLSが行ってきたダンサーサポート DLSサポーターの皆さんのおかげで、このようなサポートを提供することが出来ました!   2020年3月-5月 DLS特別授業 バレエ解剖学基本編パート1~7、筋肉編1,2、番外編をインスタライブで無料提供 2020年5月 プロダンサーへピラティスクラス提供への寄付・寄贈 (feat. Sawami Yamashita) 2020年9月 水害にあったバレエスタジオへの寄付イベント提供(feat. バレエの灯) 2020年12月ー1月 冬オンラインセミナーシーズンにスカラシップ提供(計192000円分) 2021年1月ー2月 緊急事態宣言中ダンサーサポート:誰でも参加できるオンラインエクササイズクラス 只今実施中です。詳細はDLSインスタアカウントからご確認ください。 現在提供しているダンサー用スカラシップ 全てのスカラシップを応募する人は、DLSの「特定商取引法に基づく表記」「セミナー受講規約(キャンセルポリシーを含む)」を確認し、同意しているものとみなします。 スカラシップのキャンセルおよび、現金による返金はいたしかねます。 ボディコンサークル スカラシップ 今現在の状況が辛くても、夢に向かって進んでいるダンサー達を応援するためのスカラシップです。 要件のすべてに当てはまる必要はありません。要件に当てはまらないケースでもスカラシップのサポートが必要な人は、申し込みフォームに説明記載欄があります。 要件 中学生以上のプロを目指すダンサー、もしくはプロダンサーで 現在ケガや病気の治療により金銭的負担が大きい人 シングルペアレント、コロナによる失業や減給があり、子供をサポートするのが難しくなった家族 コロナにより、留学先からの思わぬ往復など出費が大幅に増えた人 その他、金銭的負担が大きくサポートが必要な人 *バレエ教師、大人バレエトレーニーの申し込みは出来ません。   […]

セッション

DLSセミナーを受けて、今すぐにでもスタジオに取り入れたい事がたくさん!だけどどこから手を付けたらいいのか分からない、という先生方、 ダンサーのクライアントをサポートしたいけれど、この治療法、プログラム、進み具合でいいのか心配…という治療家・トレーナーの方々、 鬼の愛とオンラインで(セミナー期間を待たずに!)セッションが受講できるようになりました。 個別セッションの目的は、セミナーのように知識を頭に入れていくことではなく、 問題を解決していく糸口や方法、順序をご自身のレベルやシチュエーションに合わせて一緒に考えていくものです。 バレエ教師セッションの例 長期怪我に悩まされている生徒がいて、スタジオとしてどうしてあげたらいいのか分からない ケガのためレッスンを一部お休みしている生徒への声掛けやレッスンプランを作りたい セミナーで勉強したレッスンプランをチェックしてアドバイスがほしい 今現在のスタジオでやっている事から、より安全な環境を作りたいがいきなりすべては変えられない。どこから手を付けていいのか方向性が欲しい。   バレエ教師ってすごく孤独な仕事じゃないですか。 レッスン指導だけでなく、スタジオ経営も発表会の準備も、生徒たちのケガや保護者の要望まで… 誰かに話してフィードバックをもらったり、こうしたらどう?という方向性を指摘されるだけでちょっと心が楽になると思うんです。 一番いい形で生徒をサポートしたい気持ちはみんな一緒だから、力を合わせてより良いスタジオ&レッスンを提供していきましょう! 治療家・トレーナーの例 ダンサーのクライアントを診ているが、レッスンへの復帰段階やセルフケアのアドバイスを学びたい クライアントのエクササイズプランが、ダンサーのレベルや、舞台復帰に適しているか確認したい ダンサーのクライアント治療(トレーニング)プランのサウンディングボードとして   私自身もそうですが、学校を卒業しプロとして仕事をしていると自分ですべてを解決しなければいけない、という気持ちになってしまいますよね。 でも、アイデアをクライアント(生徒)に伝える前に、誰かに話し、意見をもらったり冷静に考える時間が必要だったりしませんか? スポーツの世界もそうですが、大切な生徒の将来のためにチームが一丸となって最良のサポートを提供できたらいいですよね! この個別セッションは、ダンサーをよりよくサポートしたいと努力してくれている皆さんへの、メンターシップ、もしくはサウンディングボードとして使ってくださいね。   *こんなことを相談したいんだけど、大丈夫?と思った人は事前に hello@dancerslifesupport.com にメールをして、確認してください。 セッションの方法&料金 1セッション 20000円 個別セッションはZoomを使って行われます。 前半(45分)と後半(45分)に分けた計90分が1セッションとなります。 *前半と後半の間の時間に宿題や、リサーチしてもらいたい事、考えてほしい事などお題を提出します。 追加コマ(45分) 10000円 *追加コマは最初のセッション(前半・後半)を受講し終わった方で、もっと時間が必要な人が追加購入できます。 対象者 バレエ教師、ダンサーをサポートする治療家・トレーナー *指導歴、職歴は問いませんが、2019年以降DLSのセミナーを受講した方に限らせていただきます。 *ダンサー自身が相談したい場合は、ダンサー用のセッションをチェックしてください。 セッションに向かない人 DLSのHappy Dancingコンセプトに賛同できない人 自分で考えたり、行動を起こすことよりも、「やってほしい」人や問題を丸投げしたい人 2018年以降のDLSセミナーに参加したことがない人 バレエダンサーと仕事をしていない人 *私こんなんだけど申し込んで大丈夫?と思った人は事前に hello@dancerslifesupport.com にメールをして確認してください。 セッションの流れ 1)メールにて申し込み 下記のスケジュールより、第一希望と第二希望の日時、参加者名、当日セッションでお話したい事(簡単で構いません)を「 hello@dancerslifesupport.com 」にメールしてください。 例) (メール題名)個人セッション申込 […]

セミナー

DLSにオンライン学校が出来ました! 名前通り、セミナー会場に行かずに授業が受けられるオンライン学校。 子供が小さいから 仕事が忙しいから 留学しているので帰国とDLSセミナーが合わない セミナー会場が遠い 人混みが苦手 今怪我していて、あまり動けない なんて人達はオンライン学校をご活用くださいね。 授業内容 授業の内容をしっかりと理解するために、予習があるのでそっちもチェックしてね。 授業1 腹筋を理解しよう 骨盤がグラグラ、腰から反ってしまう、体幹に安定がない… 腰椎のけがを防ぎ、コアを安定させて踊るために、ダンサーが知っておきたい腹筋についてをお話した授業です。 腹筋とコアの違い、どうやって筋肉を探すか、どのエクササイズが一番効果的で、レッスンではどうやって意識したらいいのか? ダンサーの目線で体幹を考えていきます。 お申し込みはこちら 授業2 ターンアウトを勉強しよう 股関節からターンアウトをしろっていうのはわかるけど、やっぱり出来ない。 私、バレエ向きの骨格じゃないのかな?と思った人はこちらの授業をどうぞ。 ターンアウトする筋肉、サポートしてくれる筋肉、先生に言われた注意の意味とどこから練習をしたらいいのか?という話まで総合的に勉強できます。 *1日目の続きとなるこの授業をしっかりと理解するために、「腹筋を理解しよう」の受講も強くお勧めします。 お申し込みはこちら 授業3 太もも周りの筋肉と仲良くなろう 外モモばっかり使っちゃう。内転筋が感じられない。 体の中で一番長い骨である大腿骨周りにある筋肉を理解し、バランスよく筋肉を使うことで、 無駄な筋肥大を防ぎ、体の構造をもっと理解していきましょう。 3つの授業の中で一番難しいので、しっかりと復習し、心してかかるように!   *1日目、2日目の内容も深く関係してきます。そちらとの同時受講をお勧めします。 お申し込みはこちら オンラインに新しく2つの科目が追加されました! 詳しくは、各ページをご確認くださいね。 上達するバレエノートの書き方 ダンサーの表現力を理解しよう   解剖学編ライブ受講者の声 解剖学編ビデオ録画受講者の声 予習内容 誰でも参加できるオンライン学校。その代わりに予習があります! 予習はインスタライブのバレエ解剖学入門編パート1-7までと、筋肉の働き編。 これらの動画をすべて見て、勉強しておいてください。   他に疑問がある場合、お申し込み前に hello@dancerslifesupport.com にメールくださいね。 オンライン学校の流れ DLSストアより希望の授業を購入 → DLSから動画のリンクと資料(圧縮ファイル・ZIP形式)を添付したメール※が届く → 自分のスピードで資料を見ながら授業を受けよう!   ※オンライン学校は動画のURLと、資料をまとめたZIPファイルを添付してお送りします。 添付ファイルが確実に受信できるアドレスでお申込みください。 ダウンロードの方法はお使いのデバイスによって異なりますので、ご自身でお調べください。 よくある質問 […]

セミナー

オンライン学校授業に「ダンサーの表現力を理解しよう」が追加されました♡ バレエダンサーのための、舞台で使える表現力。 これを理解し、練習方法を学ぶことがこの授業の目的です。   誰にでも表現力はありますよ! だけどね、「力」だから練習しないと身につかない。 表現力練習不足なダンサーに送る、芸術としてのバレエをより理解するための授業です。 こんな人に向いています バレエを習っている人で、表現力を身につけたい人 表現力が足りない、と言われるけどどう練習したらいいのか分からない人 舞台上だったら表現できるけど、日々のレッスンではどうしていいのか分からない人 オーディションやバレエ留学前に、苦手な部分をなくしておきたいダンサー セミナーに参加する事は時間的に出来ないが、お家で自分のペースで勉強したい人 こんな人には向いていません ビデオを見た後、行動を起こせない人 日本語が分からない人 文章の方が会話よりも頭に入る人 あまりにも年齢が幼い人、集中出来ない人(10歳以上を対象として作っていますが、理解力のある子だったらもう少し若くても大丈夫かも) クラシックバレエではないジャンルのダンサー(クラシックバレエのみをお話しています) 料金&クラスの構成 4000円  オンライン学校の授業は自分のペースでビデオを見ながら、資料やワークブックに書き込んでいく自分主体の授業です。   ビデオの長さ:約1時間+ビデオを止めてノートを書く時間 この授業で学べること ダンサーの表現力ってそもそも何? 具体的に、何を練習したら「表現力」を身につけることができるの? いつものレッスンでも表現力の練習をするためには? 舞台で役柄を演じるために知っておきたいこと ご購入から受講まで DLSストアより、授業を購入する → DLSから動画のリンクと資料(PDF形式)を添付したメール※が届く → 自分のスピードで資料を見ながら授業を受けよう!   ※オンライン学校シリーズは動画のURLと、PDFファイルを添付してお送りします。 添付ファイルが確実に受信できるアドレスでご購入ください。 ダウンロードの方法はお使いのデバイスによって異なりますので、ご自身でお調べください。 携帯キャリアのアドレスからのお申込みについて、添付資料(PDF、ZIPファイル)やURLつきのご案内が届かないケースが増えております。 DLSからの添付資料やURLを含むメールを確実にお受け取りいただくため、携帯キャリアのアドレスのご利用はお控えください。ご協力をよろしくお願いいたします。   オンライン学校ライブ参加者の声 とっても楽しかったです!ありがとうございました。 レッスン中の表情も、舞台での顔の付け方ももっと研究していきます!レッスンが楽しみです! 言葉で表現することが、顔や体で表現することにつながるのだと、すごく感動しました。 表現力=舞台で表現する為の力だと思っていました。ですが、レッスンで必要な表現力があり、自分が知識を持っていることによって表現することができるのだと知ることができました。 よくある質問 メールは届いたけど、添付資料が見当たりませんでした。 お使いのメールアドレスによっては、添付ファイルが削除されてしまう場合がございます。 DLS(hello@dancerslifesupport.com)からの添付ファイルつきのメールが届くよう、ご自身のアドレスの設定をご確認いただくか、添付ファイルがついていても確実に受信できるアドレスをお知らせください。   バレエ教師ですが受講できますか? 教師用の表現力セミナーというのがあり、そちらで同じような内容をカバーしているのでお勧めは出来ません。 (まぁ、止めはしないけど…) […]

セミナー

バレエノートをつけましょう! レッスンノートを書きましょう!   そういった言葉を聞いたことがある人はたくさんいると思いますが、どうやって書いています? ただ、先生に言われたことをメモして、来週になったら何が書いてあるんだかさっぱり…では意味がありませんよね。   でもね、授業と同じで、有効にノートを取ることが出来ると、復習もしやすくなるし、自分の体を知る手口にもなるんです。   お家でエクササイズしなさい、とか自主練しなさいと言われている子もいるかもしれないけど、そんな時こそ、バレエノートがとっても役に立つんですよ。   オンライン学校「上達するバレエノートの書き方」では バレエノートの書き方 エクササイズノートの書き方 自主練スケジュールの作り方 をお話していきます。   一回勉強してしまえば、あとは自分でアレンジできるようにもなります。 ガムシャラに踊り続けるのではなく、頭も使い、スマートにレッスンしましょうね。 P.S. 先生に言われたことを忘れないようにメモするのにも役立つよ! こんな人に向いています レッスンの回数に関係なく、確実に上達したいダンサー 自主練やエクササイズプランを作りたいけれど、どうしていいのかよく分からないダンサー 夢に向かって努力したい!けど何から手を付けていいのか分からないダンサー 自分でバレエノートをつけてこなかった先生も参加可能です(オンライン学校なので、ひっそり自分の時間に受講できます) セミナーに参加する事は時間的に出来ないが、お家で自分のペースで勉強したい人 海外にバレエ留学している子たち こんな人には向いていません ビデオを見た後、行動を起こせない人 自分でノートを書いたり、考えたりするのではなく、誰かにやってもらいたい人 日本語が分からない人 文章の方が会話よりも頭に入る人 あまりにも年齢が幼い人、集中出来ない人(10歳以上を対象として作っていますが、理解力のある子だったらもう少し若くても大丈夫かも) 料金&クラスの構成 4000円  オンライン学校の授業は自分のペースでビデオを見ながら、資料やワークブックに書き込んでいく自分主体の授業です。   ビデオの長さ:1時間弱+ビデオを止めてノートを書く時間 この授業で学べること バレエノートを書く理由とリサーチ ドリームジャーナルと自分のゴールを定める方法 レッスンコレクションノートと、レッスン注意の克服方法 エクササイズプランの書き方と、1週間の自主練プラン作り ご購入から受講まで DLSストアより、授業を購入する → DLSから動画のリンクと資料(PDF形式)を添付したメール※が届く → 自分のスピードで資料を見ながら授業を受けよう!   ※オンライン学校シリーズは動画のURLと、PDFファイルを添付してお送りします。 添付ファイルが確実に受信できるアドレスでご購入ください。 ダウンロードの方法はお使いのデバイスによって異なりますので、ご自身で調べておいてくださいね。 携帯キャリアのアドレスからのお申込みについて、添付資料(PDF、ZIPファイル)やURLつきのご案内が届かないケースが増えております。 DLSからの添付資料やURLを含むメールを確実にお受け取りいただくため、携帯キャリアのアドレスのご利用はお控えください。ご協力をよろしくお願いいたします。   […]

What's new / 最新記事

  • 佐藤愛著シリーズ