6歳の子がダンスクラスでのスプリッツで半身不随に

 

ショッキングな題名ですよね、クリックしてもらいたいから私が作ったんじゃないですよ。

元記事はasia oneという英語のニュースサイトで、2019年10月24日に出されました。
英語で読みたい人はこちら

こちらの記事の題名をちょっと優しく書いただけです。

 

実際の記事名はこちら

 

直訳すると

「6歳の中国の女の子が、ダンスの先生にスプリッツをさせられて、半身不随に」

になります。

forced into=やらされる、という意味。

 

私の感情をはさまず、最初から最後まで英文と一緒に読んでいきましょうか。

 

For one mother, her daughter’s dancing dream turned into her worst nightmare after an injury during class left the six-year-old girl paralyzed.

自分の娘のダンサーとしての夢が、ダンスクラスの後に6歳の子が半身不随になるという、母親として最悪の悪夢に変わった。

 

 

The girl, known only as Tongtong, sustained an injury during a dance class in Henan, China, on Oct 6 and lost control of her lower body after an instructor pushed against her leg to widen her split, according to media reports.

 

トントン(仮名)は10月6日の中国、湖南省のレッスン中に先生からスプリッツで脚を押されたためケガをして、下半身が動かせなくなりました。

 

CCTV footage of the incident showed Tongtong lying on the floor as an instructor pushed her left leg above her head. While Tongtong was still able to walk immediately after the split, she was limping and visibly unsteady. After a while, she made several attempts to stand up but could not move her legs.

 

監視カメラのビデオによるとトントンが床に寝転がり、先生が彼女の左足を頭の上まで押しました。

その直後、トントンは歩くことが出来たけれど、明らかにびっこを引いて、非安定に歩いていました。

その後、彼女は何度か立ち上がろうとしたのだけれど、脚を動かすことが出来なくなってしまいました。

 

 

Her instructors noticed then that something was wrong and tried to help her up, but Tongtong’s legs would not hold her weight.

先生が何かおかしい彼女の様子に気づき、立ち上がらせようとしたのですが、トントンの足は彼女の体重をさせることが出来ませんでした。

 

 

Tongtong was taken to a hospital where doctors diagnosed her with a spinal cord injury.Since the incident, Tongtong, who had been attending dance lessons for two years, has not been able to walk.

トントンは病院に搬送され、そこで脊髄損傷と診断されました。それ以降、2年ダンスレッスンに通っていたトントンは歩けなくなりました。

 

 

Her mother, known only as Li, told reporters in Mandarin, “Doctors told me not to be too hopeful. They said she has a two in three chance of remaining paralysed unless a miracle happens. ”

彼女の母親リー(仮名)はレポーターに「医者は彼女に希望は持たない方がいいと言いました。

彼らによると、奇跡が起こらない限り、トントンは2/3のチャンスで下半身不随のままだろうと言いました。」

 

According to Li, Tongtong may have sustained a minor injury from a backbend move that the class had been practicing earlier that day which worsened after she was forced to do a split.

リーによると、トントンはその日の前のクラスで後ろにそる動きでケガをしていて、それがスプリッツを押された事で酷くなったと言っています。

 

A spokesperson for the dance academy, known only as Wang, told reporters, “For this situation to occur in a normal lesson, I think the child may have had some underlying problems.”

ダンススタジオの広報担当者ウォン(仮名)は「このシチュエーションが普通のクラスで起こるという事は、この子供が何か問題があったのではないか?」とレポーターに語りました。

 

“We paid for all of the child’s initial medical costs out of goodwill but it will be difficult to continue doing that in the future,” said Wang.

「私たち(スタジオ)は良心から子供の初期の医療費を負担しますが、それを今後継続するのは難しい」とウォンは言います。

 

Li claimed that the dance studio had been helpful when Tongtong was first injured but had stopped visiting and taking her calls as soon as it became apparent that the girl’s condition was not improving.

リーは、スタジオはトントンがケガをした初期は助けてくれましたが、彼女の症状が良くならないと分かった途端、病院に来ることも、電話に出ることがなくなった、と言っています。

 

“She used to love dancing. As a parent, I did my best to support her. Now she may not ever stand up or dance again.”

「トントンは踊ることが大好きでした。両親として彼女をサポートしていきます。ただ、今は彼女はもう二度と立つことも、踊ることも出来ないかもしれないんです。」

 

メルマガの反響

この記事はDLSの記事ではないですし、誰かの不幸をレポートしたものなので、

去年の10月にPhysio仲間との間で話題にあがってからDLSでシェアするかをずっと悩んでいました。

 

見て分かるように、元記事は中国、それを英語のネットニュースがピックアップ、という順番だったので。

なので、まず最初にDLSメルマガに上と同じもの、ただひたすら直訳したものをアップして、

読者の皆さんにこれをブログにするべきか、こういう事が再発しないために、私たちは何ができると思いますか?という質問を載せてたのね。

 

凄くたくさんの人から反応をもらいました。

バレエの先生からのメールは良くもらうのだけど、同じ年齢の子供を持つお母さんからの怒りのメールや、

バレエダンサー自身から「私はこんなことをされました」的なものまで。

中には個人情報が多すぎたり、長いものもあったので一部だけご紹介しますね。

 

 

 

 

 

私たちが出来ること

子供の骨盤のレントゲンをアップした記事も、最初はメルマガでした。

その時の反応が大きくて記事にしたんです。

 

ストレッチ「全てが」ダメと言っていません。

柔軟性が必要ない、とも言っていません。

 

ただ、危険性を理解し、柔軟性を理解し、

そのうえで本当に必要ならば、本当に必要な方法で行う。

 

「サプリメントとしてのエクササイズ」という記事を書きました。

そのコンセプト。

結局、バレエレッスンを正しく指導されてこなかったら、いくら体が柔らかくてもダンサーになれないの。

レッスンで出来ない事、ケガしていてサプリが必要な時などにエクササイズを取り入れる。

 

ストレッチもエクササイズです。

  • 関節の種類、関節の最大可動域と関節の可動方向を理解し、
  • 子供の体の成長を理解し、
  • 靭帯、腱、筋肉や筋膜の性質を理解した上で
  • バレエが分かっていて(=バレエで使う方向やパの正確な形が分かっていて)

初めて指導できるはずです。

 

静的ストレッチは交感神経と副交感神経にも影響します。

なのでウォームアップでは使えないんです。

それを若いダンサー達にも知ってほしいからSafe Danceというセミナーをやっています。

 

私に出来ることは、情報をシェアすること。

方法はブログだったりメルマガだったり、セミナーや本だったり色々だけど、

トントンのような子を減らすことが出来たら、メールで感想を教えてくれたダンサー達の悲しい現状を減らすことが出来たら、それが私の出来ることなんだろうな、と考えています。

→一緒に勉強したいと思ってくれた皆さん、セミナー情報やこのような記事が届くメルマガ登録をお忘れなく。

 

バレエ教師兼コンクール審査員である左右木さんのブログに「もしかして、それは「運」が良かっただけ」というものがあります。

そっちもチェックしてみてください。

 

Happy Dancing!

 

  • 佐藤愛著シリーズ



  • 6歳の子がダンスクラスでのスプリッツで半身不随に”へのコメント

    • February 24, 2020 at 10:46 am

      こんにちは
      とあるブログで、ロシアの新体操の指導者は子供の身体を見たらオーバースチレッチ可能か否かがわかり、可能な子には毎回激しい痛みを耐えて泣かせながら厳しくとことん指導するとありました。ワガノワなどで入学審査は裸(パンツだけ)で身体チェックするのも、身体の素質を見抜くためなだろうなと素人なりに解釈して納得してました。それにしても中国の事件は酷いですね。事故がなくなることを願うばかりです。

      Reply
      • February 24, 2020 at 4:25 pm

        コメントありがとうございます。
        身体的なケガの方が目につきやすいけれど、精神的なケガはどうなるんだろうか、とよく思います。
        泣きながら行う…それが彼女が夢に向かって努力しているからなのか、辞めると周りの大人に怒られるから怖いのか。
        そして痛みを無視する、と年少期に習ってしまった場合、彼女は将来体の出す声を聴くことができないのではないか?(病気に気づかないなど)

        ケガしてバレエ(新体操、スポーツなんでもいいけど)を辞めた子の声を聴こうとする人はいません。
        ケガさせる動きを1グループにさせ、ケガしない動きをほかのグループにさせて研究する、というのも研究倫理にひっかかるので出来ません。
        現在分かっていることは、オーバーストレッチはケガにつながる可能性が非常に高いということ。
        柔軟性を手に入れる方法はオーバーストレッチ以外にもたくさんあり、ケガするリスクが低いものもたくさんあるという事。
        子供とその子の夢が犠牲になる、非常に悲しい知識不足の現状です。

        Reply
    • July 8, 2020 at 2:00 pm

      こんにちは。内科医をしており、かつ趣味でバレエを小さいころから継続している者です。愛さんの科学的かつバレエ愛あふれる記事や動画等をいつも大変興味深く拝見し、勉強させていただいております。

      そんな愛さんに質問なのですが、この記事のspinal cord injuryはどのような機序・原疾患によるものなのでしょうか。おそらく何らかの原因で脊髄圧迫(あるいは梗塞でしょうか)が起こっているものと思われますが、一般に外傷による脊髄損傷の原因となる椎体骨折や脊椎脱臼は高エネルギー外傷(6メート以上の高所転落や60㎞/h以上の自動車事故など)やそれに準ずる外力が加わったときに起こるもので、屈強なアメフト選手のタックルなどなら分かりますが、このダンス教師の「脚を押す」という行為がそれに匹敵する外力だろうか?と率直に疑問に思いました。また最初は多少は歩けていたのに徐々に…という経過も骨折や脱臼の経過とは異なるように見え、このエピソードや患者背景から脊椎分離症は可能性が高そうだと推察されますが、私が軽く調べてみたところによりますと脊椎分離症による脊髄圧迫・下肢麻痺は非常に稀なようで、似たようなcase reportがないか探してみましたが、発見できませんでした。脊髄硬膜外(下)血腫に関しては稀に軽微な外傷によるものも経験しますが、それも高齢者や抗血栓剤を飲んでいる患者が主ですし、これもやはり本記事に類似したcase reportを見つけることはできませんでした。

      なので、本当にダンス教師のオーバーストレッチとspinal cord injuryに因果関係があるのだろうか?あるとしても他の患者側の因子/underlying diseaseがあったのではないか?と元記事や愛さんの記事を拝見して疑問に思ったのですが、愛さんのご意見はいかがでしょうか?あるいは類似するcase reportや、ストレッチとspinal cord injuryの関連・リスク等を示唆する文献をご存知でしたらお教えいただきたく思います。

      決して、愛さんの記事を批判したいわけでも、「オーバーストレッチに警鐘を鳴らす」というメッセージに水を差したいわけでもないのですが、医療従事者でもあるバレエ愛好家として純粋に疑問に思いましたので、質問させていただいた次第です。

      Reply
      • July 8, 2020 at 3:08 pm

        teikoさん、
        お時間をとってコメントくださってどうもありがとうございました。
        そして非常に興味深いポイントのシェアありがとうございます。

        私はこの現場にいたわけではないですので、記事にあるように、ただピュアにニュースの邦訳をしてそこに考えをつけました。
        よって、まずはご質問の「この記事のspinal cord injuryはどのような機序・原疾患によるものなのでしょうか。」に私はお答えできません。
        出典元に問い合わせるのが一番妥当かと思いますが、privacyと未成年の事故より、記事の内容以上の医学的情報を記者が手に入れることが出来ないのを考えると、
        ここでは、本当にspinal code injuryなのか?に目を向けるのではなく、この悲劇なケースから指導者は何を学ぶべきか?にフォーカスしたほうがいいと思います。
        (そしてその意図で記事を作りました)

        確かに彼女のケースは稀だと思いますが同時に、海外、日本問わず、バレエ「スタジオ」の入会では私たちのいうunder lying issueというものを確認しません。
        よって、誰でも参加できる代わりに、文字通り、どんな生徒でもスタジオで「同じように」柔軟体操をさせられるというのが現状ですね。
        とすると、
        1)injury history/genetic issueを考えない、調べない環境で
        2)少女の体を知らない先生が
        3)外傷が起こる可能性がありうる行動を
        していいのか?というそもそも論に至ります。
        (もしかしたらそこに、4)SNSで見た動きをただ真似するだけで上手になると思っている心理的要因も追加したほうがいいかもしれませんが…)

        医療に携わる方でしたら、first, no harmなコンセプトをご存じでしょうが、それがスタジオで配慮されているか?と聞かれたら残念ながら現状はそうではないと思います。
        ですので、関節可動域、可動方向(そしてクラシックバレエテクニック)を無視したストレッチや大人から与えられる身体的痛み、クラスで自分が出来ない、出来なくて怒られるという精神的痛みが存在するのはメルマガからのフィードバックからも読み取れるかと思います。

        では結論として、
        「本当にダンス教師のオーバーストレッチとspinal cord injuryに因果関係があるのだろうか?」には
        その可能性は否定できない。
        よってFirst no harmのコンセプトに乗っ取ると、知識のない先生がすべきではないだろうと考えます。

        「患者側の因子/underlying diseaseがあったのではないか?」には
        その可能性も否定できないが、現状として、それを確認しているスタジオがほぼないであろうと考えると、それこそ危険性は高くなるであろうと考えます。

        また、over stretchがバレエ教育に必要か?という質問にはバレエシラバスを勉強し、各国のダンサーを診てきた経験から自信をもってNOと言えます。
        over stretchが長期的に与える身体・精神への影響は倫理上不可能ではないかと思われますし、
        そのような研究に協力してくれるスタジオやサークルがあるかというとたぶん無理でしょうから、匿名で自己申告になるのではないかと思われます。
        遺伝と柔軟性の相互関係は強いため、この研究は日本で行われる必要があり、それは…まー無理でしょう。
        世界的にも、サーカスパフォーマーはかなり研究がされていないエリアなので今後発達していくといいですね。

        最後に、ダンサー側の因子があった場合、そのためレッスンに参加できない子供(大人もですね)が出てきたら、バレエ愛好家として非常に悲しいとは思いませんか?
        好きなバレエを「本人が決めた」ファイナルカーテンコールに答えるまで続けることを応援するのがDLSのゴールです。

        Reply
        • July 9, 2020 at 12:13 am

          大変丁寧なお返事を頂き感謝いたします。

          元記事を読んだ私の率直な感想としては、あまりに情報不足であるため、ダンス教師の行為と脊髄損傷を関連づけるのは少し乱暴ではないか、と感じました(状況証拠しかないのに有罪判決を下しているような違和感を抱きました)。解剖学的機序が説明できず、過去の症例報告もないからです。出典元への問い合わせも愛さんがお感じになっている通り、あまり意味がないように思います。

          愛さんの仰るようにたとえ世界で1例だろうが、起こる確率が0.0001%であろうが、それが重篤であればるほど重く受け止める必要がありますが、症例報告ですら1つもヒットしないというのには(さほど本気で探した訳でもありませんが)、違和感を感じざるを得ませんでした。例えばスポーツに関連した脊椎分離症による坐骨神経痛は文献にも記載があり、解剖学的にも理解できます。普通は起きないことが起きている時こそ綿密な検証がなされなければなりませし、これを症例報告化して世界の医療者を啓発すべくjournalに投稿するぞ、と思ったらかならず査読者に指摘を受ける点だと思います。

          ですので、医師としては真の診断は本質的に重要ではないとのご意見には全面的には賛同しかねますが、しかし愛さんの目的はjournalの査読者を論破することではなく、世のバレエダンサーの安全を確保することですし、オーバーストレッチに問題があることは臨床試験を行うまでもなく明白だと思いますし、愛さんのお返事を見て(これは私が医師だからゆえですが)診断にこだわり過ぎていたかもしれないと考え直しました。

          非常に示唆に富んだ記事とお返事に改めて感謝いたします。愛さんとDLSのますますの発展を願っております。

          Reply
          • July 9, 2020 at 9:40 am

            Teikoさん、

            早速のお返事、そして医師やjournalの着目点での貴重なご意見本当にありがとうございました。
            「医師としては真の診断は本質的に重要ではないとのご意見には全面的には賛同しかねますが」その通りですね!

            「愛さんのお返事を見て(これは私が医師だからゆえですが)診断にこだわり過ぎていたかもしれない」
            プロとしての熱い想いと知識があってこそのこだわりだと思いますので、そのような視点でのご意見は本当に嬉しかったですよ。
            コメントに書いてくださったとおり、私は研究の道だけでなく、治療の道も最近は離れ、より多くの一般の方々に情報をシェアするDance medicine communicatorとしての活動に力を注いでいます。science communicatorと同じような感じで、Teikoさんが強く思っている医療やエビデンスの大切さを、
            どうしたら彼らに分かるように、そして日常に使いやすく話すことが出来るか?に興味を持っています。
            がしかし、そうすると、確かに医療関係者からはエビデンス不足や相互関係を追うリサーチが必要ではないかと思われて当然です。

            ただ、DLSのような話し言葉のサイトを通じて、スタジオで踊っているバレエ愛好家の子供達が将来サイエンスや、リサーチの道に進むことが出来ると感じてもらえると
            とても嬉しいなと思っています。
            同時にバレエ教師の皆さんには、たとえ稀なケースであったとしても、自分の言動を省みる記事となり、勉強や知識のアップデートの必要さを感じてもらえたら幸いです。
            未成年を預かる仕事としての責任はもちろん、施設内での安全は最優先されるべきですものね。

            こちらこそ、いつも応援どうもありがとうございます。

            Reply

    コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
    また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

  • Follow Us!

  • お知らせメールを受け取ろう!(無料)

    最新情報、メルマガ限定コンテンツ、セミナー早期申込などのお得情報が満載!
  • Categories