骨盤の成長 成長中の体を扱う人達へ

 

DLS has some hidden projects

For example, a ballet anatomy for teachers comes with a support group for one year after attending,

So I do live interviews and review.

It’s also a place to hear a lot of worries, so it’s also true that many blog post ideas are born from it.

(And request)

 

The picture I uploaded today was already talked about by the group and was very well received by the teachers.

I also uploaded it on the DLS e-mail magazine, and it seems that it hit the hearts of many people.

So share it with everyone.

Natural pelvis

Maybe the people calling DLS have some knowledge of anatomy.

Unless you read it, it’s boring, this blog.

It’s a great maniac lol

 

That is the pelvis fact that everyone knows.

  • The pelvis is shaped like a bowl
  • Women and men have different shapes
  • I think no one knows that the bones of a child are still developing.

what about? Why, of course!

 

Illustrations, Google, reference books, etc.

20170127_161413

The ball and socket joints allow the round bones to fit in a bowl-shaped bone.

And the pelvis of an adult male is mentioned as an example.

Considering the male-female ratio of people doing ballet… Yeah, it’s a bit different in shape, but I need to understand .

Let’s see the growth of the pelvis!

So what is this picture?

20170127_161430

What animal! ?

This is a human being two and a half years old .

You can really see how you are not doing.

Balls and sockets… the balls aren’t tied to the bones, and I can’t find a socket.

what’s this! ?

 

小さい子達を教えている先生方は、この骨盤を指導しています。

これが小さい子達にむりやりターンアウトはもちろん、5番ポジションなんて難しいことを教えない理由で、

ぎゅーぎゅ―ストレッチをしない理由です。

だってみてみてよ、関節として出来てないじゃん!

 

じゃ次の写真。

20170127_1614301

これは9才だそうです。

さっきと比べると股関節のカップが見えるけれど、球になっている部分が大腿骨と繋がり切ってない。

そして骨盤の骨が割れているように見えると思うけれど、そこはまだくっついていない証拠。

 

レッスンも難しくなっているとは思いますが、まだポワントなんて履けない(足の骨たちはもっと成長が遅い!)。

ターンアウトもゆっくりと育てているはず。

そしてここら辺からワガノワバレエなどではトレーニングが始まりますね。

→骨の話とポワントの話

 

この前、トレーナーさんがツイッターで

「(柔軟性は)小学生の体は10-12歳の時点から、年齢とともに徐々に失われていくという研究がある」

と書いてありましたが(ちなみに私はこの研究を読みたい!誰か知ってたら教えて!!)

確かに。

だって骨が繋がれば、靭帯が強くなれば、体は固くなるでしょう。骨が固くなるでしょう。

そうしたくない!ってやってたらどうなるか?

 

14歳。

大腿骨がかなり普通の骨(という言い方は変だね)になってきてるし、ボールとソケットもちゃんと見える。

たださっきお話したギャップ、あれがきれいに繋がっていないのが見えるね。

20170127_161435

 

大人の骨。

20170127_1614351

ギャップがなく、骨がきれいに繋がっているのが見えると思います。

そしてこれが解剖学書バージョン。

だけどさ、バレエを習っている人達の何パーセントがこのような骨盤だろうか?

骨も、体も成長するんだよ!

ちっちゃいうちに必要な動きは、とかダンサーの卵には・・・なんて記事をたくさん書いてきましたが、

こんなにクリアに目の前で見ることができるとその意味が通じると思う。

百聞は一見に如かず。って本当ね。

 

これらの写真はこの前私が勉強してきたセミナーの資料にありまして、オーナーさんに許可を取りました。

(Thanks to Lisa Howell and Perfect Form Physiotherapy 日本でもセミナーやるかもなんて言っていました。英語だけど

英語が分かる人で、スケジュールがあったら参加したらいいと思う!すごくいいセミナーでした。バレエの先生方向け。)

 

だから、バレエ教師は解剖学を知らないと!

だから私たちは勉強し続けないと!

だから私たちは形ばっかりを追い求めてはいけないんだと!

 

 

確かに、無理やりストレッチをしてもケガしない人もいるかもしれない。

小さいうちにバリエーションを踊りこんでプロになった人もいるかもしれない。

だけど、それって何パーセントだろう?

→ダンサーの卵たちへのストレッチ指導

→ダンサーの卵のボディコンディショニング!?

→ダンサーの卵たちへのセミナ―

 

ちなみにもう一枚写真を載せます。

20170127_161456

 

この矢印がついている部分。これが坐骨ですね。

これ、坐骨が剥離骨折している写真だそうです。

そして、ハムストリングの無理やりストレッチでなったそうです。

そう、ストレッチは骨折させる可能性があるんです!

→無理やりストレッチへの考察

 

ペアになってやるストレッチも危険

ちっちゃい子達にワインの味わいが分かるでしょうか笑

ジュースでもいいよ。

深い味わいが、とか口に残る後味が・・・とか言います?言わないね。

ほろ苦さ?その辛さが癖になる??そういうのって大人の言葉でしょ?

 

ボキャブラリーってのは育てないといけません。

だからペアでやるストレッチでその子達が本当に痛みを感じていないのか?それを伝えあえるコミュニケーションやボキャブラリーがあるのだろうか?

How can pain be felt by children depending on the person, but without the words to convey it? (Even though it is difficult for adults…)

→Vocabulary explaining the pain of the lesson

 

Stretching may stop even if it doesn’t hurt.

For example elbow. When you stretch it all the way, it just stops, right? It’s because the bones hit each other.

It doesn’t hurt, so you can press it! If you go on, you’ll be dislocated… I can’t laugh, but if you don’t understand anatomy, it’s difficult to make decisions here.

And can a little child do it? That’s impossible…

 

I’ve written many times that stretch isn’t bad, so I’ll omit it today.

There are lots of useful stretches, and they are in the book.

 

I know that some of these kids are especially stiff.

I also know that there are special sports and art that require flexibility such as ballet and rhythmic gymnastics.

However, the human body is the basis for this.

And the pelvis is the center of the body.

→I’m not saying that stretching is useless!

DLS supports a healthy dance life from a professional scene

As a treatment side, as a body to train at a ballet school, as a job to bring up what professionals need

That’s what I want to tell you.

 

Not as an Instagram or a part of YouTube, but as a person who treats dancers.

As a side to catch the injured children behind the scenes.

As a side to watch over the children who failed in ballet school.

We deliver what you can see from the site with the latest information I can.

 

As an adult and a leader, I think that supporting happy dancing is like this.

→ Click here for anatomy course for ballet teachers who want to study

 

 

Happy Dancing!

ai

 

  • 佐藤愛著シリーズ



  • 骨盤の成長 成長中の体を扱う人達へ”へのコメント

    • March 20, 2017 at 3:35 pm

      いつも勉強させていただいています!
      新体操講師です。
      10歳~12歳頃から柔軟性が失われていく…これ、新体操界でよく聞く言葉です。
      実際、日本新体操連盟が主催するコーチ用セミナーでロシア出身の先生に言われました。
      だからそこまでに柔軟性を最大限伸ばすように、と。
      ロシアの新体操界ではそのような捉え方なのでしょうかね。
      練習の様子などをYouTubeで観ると小さい頃からがんがん椅子や負荷をかけた柔軟させていますし。
      トップ選手ですらがんがん椅子柔軟ですし…(これがなかなか新体操の先生たちが椅子柔軟から抜けられない原因でもあると思います。新体操はお手本がロシアはじめ旧ソ連の国ですから)
      バレエの本場でありながらバレエと新体操は別物という考えなのかもしれません。
      確かに求められる柔軟性、筋力、そして到達点に達する年齢などを考えると全く別の考えになるのも分からなくはないです。
      日本では最近はほぐす柔軟の先生の考えが浸透し取り入れているクラブも多いですが、それだと元々骨格的に稼働域の広い子は良いけれどそうじゃない子はどうしよう…という壁にぶつかっている先生も多いです(私も壁にぶつかっています)
      これだけ解剖学的な考えが広まって、勉強してみて、
      負荷をかけた柔軟がダメなのは分かった…でもこれだけではスポーツとしての新体操では勝てないじゃない?…でも子供達の身体は壊したくないし…でも勝てなきゃ辞めちゃうし…これじゃあ元々本当に凄く骨格的に恵まれてる子しか出来ないじゃない…迷ってる間に子供達はどんどん大きくなっていっちゃうし…とグルグルしています。
      ロシアをはじめ、旧ソ連の国(いわゆる新体操強豪国)の選手は元々稼働域がとんでもなく広い子供が多いから成り立つのか…
      それだと一般的な日本のクラブだと50人に一人くらいしか選手としてやれる身体を持っている子がいない…それじゃあ成り立たない等々、悩みは尽きません。
      ましてやプロという道がない新体操では12歳、15歳の区切りで辞めてしまう選手が多くそれ故にそこまでに結果を出さないと、という保護者や生徒の要望も講師の焦りもあります。

      長々と書いてしまいましたが、10歳~12歳の柔軟性説は新体操界でもまことしやかに囁かれている(エビデンス無し)ということです。
      (Facebookの方でコメントしようかなと思いましたが内容がデリケートなのでちょっと…と思いこちらにコメントしました)

      Reply
      • March 21, 2017 at 9:11 am

        うーん、その悩みわかります!
        でもね、正しく行えば、そして何が可動域を止めているのか?を計算すれば負荷をかけなくても体は柔軟になるんですよ。その部分が抜けていると、
        負荷をかけた柔軟はダメだ=体が恵まれている子しか柔軟になれない、ってなっちゃいます。
        どうやって?という部分はその子の理解力や年齢にもよるので、セミナーの方で実際に行っています。(動きなので文章で説明しづらいというのもありますし、誤解されたくないので)。
        この5月に行われる新体操コーチセミナーにも柔軟性を高める方法という時間があります。(ちなみにこのセミナ―は5時間ですから、話すだけじゃなくって実際にやっていきます笑)

        ただね、ロシア人だからターンアウトができるのか?というブログにも書いたけれど、成功しているものしか私たちの目にはうつりません。
        つまりロシアだろうが、アメリカだろうが、どこでトレーニングしてきても(そしてバレエもそうですが)ケガして辞めていった子達の話は出ないのです。
        選手人口が多いのを考えると脱離していく子達も多い、となりますし、選手として活躍し終えた後のケアもありませんから、その子達がどのような大人になったのか?などは分からないわけです。
        文章の中で50人に1人選手に、と書いてありましたが50人に1人金メダル級の選手が出るとしたらそれはすごくいいクラブになると思いますよ。ワガノワバレエではオーディションにくる4千人中卒業できる子が10人ちょっと。そしてダンサーとして長く踊れる、もしくは有名になるのはその中から数人です。

        結果を出すためには努力が必要です。もちろん!
        だけどね、柔軟というのも強度というのも計算できるものなんです。そしてジャンプしているときに、頭を後ろ脚につけることも不可能ではないんです!(だから選手はやってるわけ)
        最終的には、どんなクラブを持ちたいのか、そしてクラブにくる子達を選手として見るのか1人の人間として見るのかなどにも影響してくると思う(どっちが悪いわけではないですよ!)
        是非、ロシア人だからターンアウトができるのか?という記事と、FBライブで行った柔軟性についてのビデオも見て下さい(このビデオはYoutubeのDLSチャンネルにも上がっています)。
        また、youtubeに上がってくるビデオはみんなに見てほしいから上がるわけで、それが毎日行われているとは限らない事、誰でもチャンネルを作ることができるという事も忘れたくないですね。

        DLSを読んでくださっている新体操コーチがいて嬉しいです!一緒に勉強していきましょうね。

        Reply
        • March 22, 2017 at 2:21 pm

          コメントありがとうございます!
          成功したものしか目に映らない、本当にそうですね。
          その影でたくさんの故障している選手がいるんだと思います。
          生き残った人たちだけを私達は観ているんですよね~…
          愛さんの記事にはいつも勉強させていただいたり、はっとすることが沢山あります。
          目から鱗がボロボロと…
          何となくこうやっていたからではなく、理論に裏打ちされていると指導者としても自信をもって伝えることができます。
          これからもずっと勉強していって少しでも良い情報を生徒に与えていけたらと思っています。

          Reply

    コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
    また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。