上手な子と上手になる子を研究してみた。


上手な子と上手になる子を研究してみた。

題名をみて、なんだそれ?って思った人が多いと思うけれど、先生方は「うーん」って思ってしまうかも。

 

上手な子と、上手になる子。

この事について今日はお話していきます。

上手な子、というのは文字通り、上手な子です。

回転もできるし、体型もいいし、いつもスタジオではいい役をやってる。

コンクールでも何度か入賞しているし、みんなからはちやほやされる。

ワークショップなどでも講師の人に気にいられる子たち。

 

これを上手な子と呼びましょうか。

 

では上手になる子とはどのような子なのか?

努力のできる子のことを指します。

この半年でググッと伸びる子。1年で全く違うダンサーに見える子。

そのような子の事をさします。

 

確かに、いくら上達した、といっても上手な子と比べてまだ劣っている部分があるかもしれません。

ただ努力ができるのでコンスタントに上手になっていきます。

 

 

ケーススタディ Aちゃん:上手になる子

バレエ学校に入ってきた時、開脚もできなくって、体力もない。

そんな子がいました。

踊るのは好きなんだけれど、甲はないし・・・細くてよかったねという感じ。

 

1年後。

彼女はとても上達していました。

毎日努力している姿は見えるし、レッスンには真剣に参加します。

言われたことがすぐにできるわけではないかもしれないけれど、頑張っているのが分かる。

ひどいO脚だったのが、きれいなラインに育っていきました。

 

卒業公演では、ソリスト役をいくつも貰い、学校公演では活躍しまくっていました。

しかもトレーニングも続けていたので体も強く、ケガせずに踊り終えました。

 

 

ケーススタディ Bちゃん:上手な子

すごく上手な子でした。

いきなり2年生にあがるし、いつもクラスでは真ん中。

1年目の試験結果も素晴らしい。

 

・・・

2年目。

やっぱりいい役は踊っているのですが、何も変化なし。

元々、他の子たちよりもずば抜けていたのでまだいい役だし、試験でもいいんだけれど。

2年前に注意されていた膝の裏を伸ばしなさい、という事も、

肘を伸ばし過ぎない、という注意もやっぱり出来ていない。

 

脚の強さだけで踊ってしまうため、下半身のラインが美しくならない。

トップで卒業したのにも関わらず、仕事が見つからず。

だけどスタジオではちやほやされるから、なんだかそこで落ち着いています。

 

 

ケーススタディ Cちゃん:上手になる子

元々上手だったのだけれど、ずばずば伸びたのが彼女。

前に記事でちらっとお話したので覚えている人もいるかもしれません。

ローザンヌにてディレクター達の前で踊り、帰国。

その後、オーディション巡りで同じカンパニーのディレクターに「6か月前よりも上達しているから」といって契約をもらった子。

 

ケーススタディ Dちゃん:上手になる子

バレエがやりたいか疑問に思って1年踊ることをやめた子。

その後、やっぱり踊りたいんだ!という気持ちが強くなりバレエ学校に入学。

ケガの手術で休んでいたり、1年踊っていないとか、年齢が他の子たちよりも上、という事もあったけれど、

2年後、オーディションにて世界でも有名な作品オーディションに受かり、世界各国からのダンサーと一緒に舞台に立ちました。

 

ケーススタディ Eちゃん:上手な子

バレエ学校で主役も務め、いつでもトップ役を踊っていた彼女。

顔だちも美しく、本当にお姫さま・・・だけれど、1年目の踊りも、3年目の踊りも一緒。

テクニックも、体型も一緒。

オーディションにいくもどこも引っかからず、結局バレエを辞めました。

 

 

結論:上手になる子に必要なものは?

上手になる子は別に並外れて体型がいい、とかテクニックがある、とかでないケースが多いです。

だけれど、気持ちは誰にも負けない。

メンタルが強い、努力が出来る・・・

そしていい先生がついていて、その先生を信頼している場合、上手になる子になるみたいです。

 

ここでご紹介した上手になる子たち、誰一人として、レッスンの内容はスケジュール、先生の愚痴は言っていませんでした。

だけれど、上手な子は愚痴も多く、先生に言われた注意を信頼していないよう。

「こう言われたけど、私はできない」

「どーしなさい、って言われたけど間違ってると思う」

とか決めつけている部分が多かった。

 

メンタル、気持ち、というのが決め手になるのは10年以上こうやって生徒たちを見ていると分かる事。

そして努力をするのも才能の一部。

 

ただ、信頼関係、というのはやっぱり大事ですね。

いくら生徒が努力していても、先生が正しい方向に導いて上げないと効果はでないので、

「上手になる子」にはなりません。

 

早く効果が出ないと時間的に厳しい場合もありますし、

ケガしている生徒をサポートし「上手になる子」に持って来るのも技量がいります。

先生に言われたことを守ったら、すごく上達が見えた!という結果を出すと、生徒が信用してくれるようになるのも事実。

これは指導者としての力量を見せたから、という事ですしね。

 

生徒がどこから勉強の大切さや、努力を学ぶか?といったら小さいころからお世話になっている先生の後姿を見ている事が多いのね。

生徒&先生の二人三脚はやっぱり必要みたいです。

 

私の校長先生の話はこちらから

DLS教師のためのバレエ解剖学講座はこちら

 

Happy Dancing!

ai

 

 

 


  • 先行予約受付中!

  • コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
    また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。