肋骨:プロ・アマを分けるポイント

[`yahoo_users` not found]

肋骨プロアマ

今日から肋骨についてお話ししようと思います。

肋骨なんて踊っているときにあまり考える場所ではないですよね?

 

私が肋骨の注意を一番最初にされたのは17,18歳くらいの時だったと思います。

つまり、6歳からバレエを始めて10年以上、肋骨に関する注意を受けたことはありませんでした。

(記憶がないだけの可能性があるって?

いちばーん最初に肋骨について注意されたときの驚きを覚えているので正しい記憶だと思います。

ショックだったもん。)

 

その後、留学してからはほぼ毎日注意されましたが、

10年以上にわたってつけてきた癖はそう簡単に取れませんでした。当たり前ですが。

 

けれど、肋骨のアライメント(アライメント、という言葉の意味と重要性をチェック!)は

  • 呼吸
  • ポーデブラ
  • エポールマン
  • バランス
  • 背中の柔軟性
  • ターンアウトや脚の動き

など様々なエリアでダンスのテクニックを助けてくれますから、勉強しておきましょうね。

 

今日は簡単に肋骨というエリアを見てみましょう。

肋骨

鳥かごみたいな肋骨は心臓、そして肺を守るかごの役割を果たしています。

 

イラストでもわかると思いますが、胸椎のお話をした時にも述べたとおり、

肋骨は12セットあり、すべてが胸椎にくっ付いています

真ん中にある細長い骨は胸骨と呼ばれるもので、

上から7つの肋骨たちは「肋軟骨」と呼ばれる軟骨を通して胸骨にくっ付いています。

8つ目から10つ目の肋骨は上の7つと比べて長く、みんな一緒に7つ目の肋骨にくっ付いています。

そして最後の2つは胸骨にくっついていません。

 

これが、肋骨、というものです。

 

胸骨は私の好きな骨の一つ。

特にエクササイズをする時にこの骨に意識を置くことが多くあります。

反り腰になりやすい子、肩に力が入りやすい子、もしくは息を止めてしまう癖がある子などには、

胸骨をソフトに、とか

胸骨をおろして、だとかという言葉がけをすることがあります。

体の前方、そして表面にある骨だから目で見たり、触ったりできるのもいいところ。

やっぱり頭に意識しやすいものや、鏡で見えるものは注意する時に意識しやすいですものね。

 

 

肋骨にも色々な形があります。

日本人をはじめ、アジア系だと楕円形、横から見たら平べったい形が多いようですが、

肋骨が丸い人も多くいます。

そういう人はね、残念ながら「肋骨を閉めなさーい!」っていう注意を頻繁にされますが、

閉められません・・・だって形なんだもん。

肋骨が開いて見える、という事は十分にありえるし、テクニック不足の証拠なので、

「肋骨を開くってなんだろう?」と思った人はこちらの記事を読んでみてくださいね。

 

側弯症の人は、左右の肋骨の形が違うこともあります。

背骨からできている骨なので、背骨のカーブが影響されたらもちろん、そこについている肋骨も影響されます。

肋骨の中身は肺。

なので側弯症の子は左右の肺のサイズが違う子も存在します。

側彎症についてもっと知りたい人はシリーズにしてありますからそっちを参考にしてください。

 

肋骨をケガするダンサーは結構います

びっくりでしょ?

特にリフトの時に失敗するとひびが入ったりしちゃうことがあります。

ロミオとジュリエットのリハーサルが続くと、肋骨骨折ジュリエットが増えるとかね。

笑えるけれど本当の話です。

あの舞台、リフトが多いじゃない?

どうやってケガを防ぐか?それは男性テクニックと腕の筋肉などに深く関わっちゃうので、

女の子はあまりできることがなかったり・・・

あ、でもしっかりと体をコントロールすると、男性はリフトしやすくなりますから、やっぱり基本ができているとケガ予防になるんだね。

 

次回は肋骨と呼吸についてお話したいと思います。

呼吸なんて、みんな普通にしているけれど、ダンサーにとって正しい呼吸法を身につけることは踊りの質を上げることになります。

また、全幕物を3時間踊るときには「楽に呼吸が出来る」大切さを身をもって感じると思います。

 

Happy Dancing!

ai

 

[`yahoo_users` not found]

  • 大好評発売中!

  • 肋骨:プロ・アマを分けるポイント”へのコメント

    • July 31, 2014 at 10:47 pm

      大変勉強になり、定期的に拝読させていただいてます。

      文中に、書き間違えと思われる箇所を発見。

      肋骨の11番12番は、胸骨についていない。
      のですよね。
      「そして、最後の2つは肋骨についていません。」
      と、文章がなっております。

      読者の皆さんは、愛さんのブログでよく勉強なさっているので、差し出がましいかなとおもいましたが。

      では、これからも宜しくお願いいたします。

      Reply
      • August 2, 2014 at 4:27 pm

        オードリー様、いつも応援ありがとうございます。
        おっしゃるとおり、タイプミスです。「肋骨が肋骨についていない・・・」なんとも意味がわからない文章になっていますね。
        ご指摘どうもありがとうございました!!

        Reply

    コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
    また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。