ルルベはできるのに、ターンの時にかかとが落ちちゃうのは何故?

[`yahoo_users` not found]

ルルベはできるのに、ターンの時にかかとが落ちちゃうのは何故?

時々やってる「愛さんに聞いてみよう!」というブログQ&Aの一部として、今日は題名通りの質問に答えます。

 

ルルベはできるのに、ターンの時に軸足のかかとが落ちてしまう。

よって、回れているのに形がきれいじゃない、とか

2回転以上にいくと、かかとが地面についてルルベじゃなくなっちゃう、とか

回転の後に続くステップに動くことが出来ない、とかの問題が出てきますね。

 

ポワントだったら、かかとが落ちる=ポワントから落ちる、という事なので

足をひねるなどケガに繋がることもありますし、ミスが目立ちやすくもなりますよね。

 

レッスン場でよくみる悩みだと思うので、ここで答えてしまいましょう。

ピルエットについて分析した記事もあるので、それも参考にしてください。

ルルベができているつもり

まず最初に考えなければいけないこと。

それは「本当にルルベができているの?」ってところ。

 

ルルベ=かかとを上げるだけ、って思っていて、足の指が丸まってしまっていたり、

足の甲に乗っかっているだけだったり。

もしくはルルベで立っているときに足首が常にグラグラしていて、安定感がないとか。

 

回っていない時にルルベがしっかりと、強く作れなければ、回っているときにできるようにはなりません。

その部分をしっかりと確認してみましょう。

 

しっかりとルルベができているか?を確認したり、タンジュができているか?のチェックリストなどは

DLSの「強い足を作るデミポイントシューズの作り方2nd edition」に載っています。

一緒に足の構造や、強化の方法、リハビリなどもありますから参考にしてください。

DLSeBookたちはDLSstoreから探すことができます。

 

足首の強さが足りない(遠心力)

回転すると、遠心力が生まれます。

当たり前ね。

なので、強い足首が必要です。

 

ここでいう強い、というのは上下の動き、つまりルルベ、だけでなく、左右に振られても中心に戻ってこれるだけの強さを指します。

 

2回転以上の場合や、連続ターンの場合、筋肉のスタミナも関係してきます。

一瞬正しく出来ても、キープできなければ意味がなくなってしまう。

また、ターンステップの前にたくさんルルベのステップがあるとしたら(例えばポワントクラスのように)、

その前に足首が疲れてしまって、回転までついてこれない、なんてこともあります。

 

腹筋シリーズでもお話したけれど、ダンサーの筋トレはただ感じるだけ、ではなく、

踊りに使えるところまで持ってこなければいけません。

軸が正しいところにない(もしくは振り回されてしまう)

足首から意識を上に持ってきましょう。

太ももの骨、骨盤、肋骨、頭・・・

これらが正しいところになければ、つまり振り回されてしまったら、

かかとを正しいところに置いておくのはかなり至難の業になります。

 

だって、太ももとか骨盤とか、頭蓋骨とか!大きい骨でしょ?

って事は重いんだよね。

なので重いものがセンターからずれてしまったらかかとも引っ張られて落ちてしまいます。

 

 

意識不足・気力不足

ふふふ。笑える?

これね、とても大事なんですよ。

 

回転ステップになると、回転しか考えられないダンサーがたくさんいます。

無駄な勢いつけてたり、テンパってたり、回転の恐怖と戦ってたり。

強い軸足で地面をおす、という意識がなくなっちゃう人が多いのも事実。

 

連続ターンなどになったら「やめちゃう」ダンサーが多いんですよ!

どういうこと?

少し軸がずれたからって、バランスが取れなくなったからって、回るの、辞めちゃうの!!

 

本番、絶対に回転が成功するというギャランティはありません。

だとしたら、失敗まで練習するべき。

この部分はスティーブンマクレイもインタビューでお話してましたよね。

失敗を失敗と見せないようにするとか、さがっちゃったかかとを再度上げてくる練習とか。

つまりは気力不足。

 

どうでしょう?

どこが苦手だったのか分かったら、あとは練習あるのみ!

回転はタイミングやコーディネーションも大事なので、何度も繰り返して体に落としこんでくださいね。

 

Happy Dancing!

 

[`yahoo_users` not found]

  • 大好評発売中!

  • コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
    また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。