身長が低いとプロになれませんか?

 

5月に行われたキッズセミナーのフィードバックシートに書いてあった一言を今日は考えていこうと思います。

悩んでいる子もいるだろうし、キッズセミナ―に参加する子達の年齢ではお母さん、そして先生も知っておいてほしいので是非読んで下さい。

 

ダンサーに求められるもの

これはカンパニーやバレエ学校によって違います。

ただ、傾向、というのはあります。

昔私が踊っていた時は細いダンサーが好まれる傾向にありました。

90年代から2000年最初のほう。

スーパーモデルなんていうのもあって超!細いというのは大事。

 

ただ、これはもう古い考え方です。

 

最近のローザンヌでは細すぎると落とされます

オーディションにはドクターチェックや、体力テストがついているカンパニーもあります。

筋肉質なダンサーが美しい、とされるカンパニーもありますし、

個性がある体、バックグラウンド(人種)をサポートすべきだという動きもみられています。

 

(ただし、日本にこういう考え方が入ってくるのは海外の10年後とか言われることがあるので、まだみんなの周りには古い石頭大先生が生きているかもしれません…)

 

傾向として、やはり身長の高い子達が求められるのは確かです。

海外の普通身長、というのが日本では身長の高い子、というようになる場合が多いから。

 

165㎝は欲しい

これが、どのオーディションでもいわれる言葉です。

(この記事を書いている2017年は。2027年は知らないよ)

 

新国立もこのあたりだと聞いていますし、今の子たちにとって165㎝はそんなに大きくないし、小さくない。

つまり、アベレージ(平均的)になれるのでそこらへんから、と。

私は170㎝なのでその問題はありませんでしたが、そうではない子は履歴書にちょっとサバを読んだりもしてました。

 

すごく踊りが上手でも、見てもらわなければいけません。

つまりね、オーディションに呼ばれるためには、向こうが募集している枠にはいる必要があります。

オーディション用紙には時々身長のコラムがある場合もあります。

→オーディションについての色々

 

いつだって例外はある

あまりにも上手だったら、身長が関係ない事もあります。

あまりにも上手な身長の低いダンサーが既にカンパニーにいる場合、その人のパートナーを探すために身長の低い子を探している場合もあります。

 

男性ダンサーはどの国でも貴重なので、その子達がちょっと低い場合、カンパニーにいる女の子の身長が少し低くてもOKな場合もあります。

 

逆に身長の高すぎるダンサー、というのも使いづらいと言われています。

キャラクター系しか役が来ない、なんて悩みのあった同級生は、カンパニーを変えて、今コンテで男性のために振付けられた主要ダンサーを女性で初めてこなす、なんて快挙をあげています。

 

自分のasset(利点・強味)を理解して、それを使えるようにするのはアリだよね。

 

バレエだけじゃない「求められる体型」

バレエってなんてひどい職業なんでしょ!って思わないでね。

スポーツに求められる体型っていうのは存在します。

 

シンクロナイズドスイミングではいっぱい食べて浮遊するように指導されたり、

モデルさんはお洋服の面積が広い(=見える)必要があるので身長の高い人が欲される。

フライトアテンダントさんは、荷物を安全に出し入れできるよう身長制限があります。

 

芸術家が「この色でペイントしたい!」と思ったらその絵具が必要なように振り付け家に求められる材料がダンサーなので、いつも一緒ではないかもしれませんが、最初に書いたように傾向ってのはあるよね。

(だからこそいつでも自分を磨いておいて「いきなり!」のチャンスをつかむんですよ!)

 

身長を伸ばすために

じゃ、今小学生、中学生の子達は何に気を付けたらいいでしょうか?

 

よく寝る。食べる。

ここです。

 

結局ね、身長が伸びるっていうのは成長する、って事です。

成長するって事は、成長させるエネルギーが体の中にあり、成長する時間があるって事が前提なのね。

夜遅くまでのレッスンをこなす場合、早く就寝できるように効率よく宿題を済ませる必要があります。

 

遅くまで友達とラインをしているのも辞めましょう。

どうせ明日会うんだから。

周りの子達に理解してもらえないんだったら友達とは言えないかもよ?

頑張っているだれかを応援したい、と思う気持ちは人間として普通なんですから(24時間テレビをみてよ!)

そう思われない、という事は自分の頑張りが足りないせいかもしれません。

→頑張っているつもりちゃん

 

どれくらい寝たらいいのか?と思う人は英語なんですが睡眠を研究している団体のサイトリンクをつけておきますね。

 

食べるってとっても大事!!

吐くほど食べろ、とかお菓子だけを食べろ、って言っているのではないけれど、

巷に宣伝されている「体にいいもの」が成長期に「必要なもの」になっているかどうか?

は自分で考えなければいけません。

 

バレエ情報サイトに「中高生のためのダイエットスムージー」みたいなものが売られていた時は

殴り込みをかけようか、と思いました。

実際に、そこから来たお仕事オファーは全力で断りました笑

 

  • 中高生、という体が成長する時期にダイエットいるか?
  • 朝ごはん、スムージーでオッケーってしていいのか?
  • 一生それだけ食べ続けるつもり?!

 

小さい時の踊り過ぎ

これも日本でよく見られますのですが、幼い子達のレッスンのし過ぎは身長を止めます。

成長に使うはずのエネルギーが踊りにとられちゃっていたら、やっぱり成長スピードは遅くなります。

 

この記事でご紹介した股関節の成長記事をみても分かるし、この記事でご紹介した国際ダンス医科学学会が出している資料でも分かりますが、

9歳でも股関節は100%出来上がっていないし、12歳前のトウシューズはお勧めされていません。

 

足のサイズが大きい=トウシューズで立った時に脚が長く見える

という特典もあるわけで、やはり早いうちのトウシューズはお勧めできないんですよ。

 

今の段階ではダンサーの研究は世界的に見てもあまり多くはありませんが、

スポーツに関しての研究は(お金があるからか!?)たくさん見ることができます。

 

その中にも、練習のし過ぎはその後のキャリアに悪影響を与える、だったり、

ケガの治りが遅くなる、だったり、

特化しているスポーツ(バレエの場合はバレエ)以外の運動を積極的に取り組むこと、

などというアドバイスも書いてあります。

(嘘だろ、とか何を根拠にしているの?と思う人は「Clinical Sports Medicine」という分厚い本に成長期の選手という大きな項目があります。そっちをどうぞ)

 

*編集後記

この記事を書いたときと比べると未来の私より、この記事を後で読んでいるより未来の皆様へ。

2020年Covid-19の影響で休校、レッスンできない状態が2か月ほど続きました。

その結果、多くの子供たちの身長が伸びている、とオンラインセミナーを受けたバレエ教師や親御さん、子供たち本人から聞きました。

やっぱり、レッスンのし過ぎや睡眠不足は身長に大きく影響するのね。

 

結論:身長が低いとプロになれないか?

身長が低いとプロになるのに不利です。

今現在は。

 

ただ、自分で出来ることはたくさんあります!

食事や睡眠、といった身長とはあまり関係のないように感じる事もしっかりと考えてあげましょう。

そしてレッスンが夜遅くになる場合は特に(中学生の場合はきっとそうでしょうが)、

レッスン前に終わらせることが出来る事を探し、はやめ、はやめに準備しましょう。

 

テクニックがいくらあっても、日本のコンクールで上位をとっても、

海外で踊るのがゴールの場合(最近は日本のおおきなバレエ団もそうですけどね!)、

身長制限というものがあります。

何があなたの夢を止めちゃうことになるのか?

 

これはこの記事を読んでくださっているバレエママさん達にも考えてほしい事です。

 

<その他にもダンサーの卵記事>

ダンサーの卵へのストレッチ

ダンサーの卵の柔軟性

うちの子、本当にバレエがやりたいのかしら?

ダンサーの卵のサポート

 

Happy Dancing!

  • 佐藤愛著シリーズ



  • 身長が低いとプロになれませんか?”へのコメント

    • May 22, 2017 at 8:52 am

      愛さんこんにちは。
      私もずっと気にしていた事の記事だったので、初めてコメントさせて頂きます。
      私は中学三年生で、身長は152センチと小さいです。
      でも、まだ生理が来ていません。
      他の人より思春期は遅いです
      個人差はあると思いますが、これからもっと背を伸ばすことは可能ですか?

      Reply
      • June 1, 2017 at 11:12 am

        こんにちは!
        身長というのは、遺伝で決まっている部分があります。その計算法も今は出ているようです。
        (ネットで検索してみてね)
        そのポテンシャル100%を伸ばせるように、生活習慣でサポートしてあげる必要があります。
        生理の有無は年齢よりも(遅くたって問題ない人も多いよ)体脂肪率などで決まりますが、他に問題がないかも調べる必要があるかもしれません。一度専門家に相談してみてくださいね。

        Reply
    • May 22, 2017 at 2:59 pm

      シリアルを薦めない理由、すごく気になりますので、いずれ機会があれば教えていただけませんでしょうか?
      食物繊維も多く栄養バランスもコントロールされているものが多く発売されていますし、良いのかと思っていました。

      Reply
      • June 1, 2017 at 11:10 am

        コメントありがとうございました。
        私は栄養士ではないので専門家にご相談くださいね。というのを前提に。
        栄養バランスというのは、様々なものを食べることで「整う」べきではないか?そして「整えられた」という事は誰の体に合わせて整えられているのか?
        などが疑問な部分です。
        大人と子供でも違いますし、スポーツの量などでも違うわけで。
        また、牛乳、小麦はアレルギーの代表であり、そこまでアレルギーでなくても、低度の炎症が出ること(本人は気づかない)もありますし・・・
        などと色々深い部分ですが、やっぱりその人の体に合わせる必要があるため、「専門家にお聞きください」に戻ってしまいます。

        Reply
    • December 13, 2019 at 7:15 pm

      娘は身長が150ほどしかない高校1年生です。私は昔ガリガリで高校入学時は140㎝あったか…だったのですが、高校3年間で159㎝になりました。
      でも娘は太ももしっかりの筋肉質です。高校になってお肉もついてしまいました。
      今年大きなコンクールにはじめてでて、今までオーディションに向けていたエネルギーを一区切りしたようです。まず、最初のスタンスから失格と自分でわかっているようです。
      それでも親から見ると、本当に気持ちに区切りをつけているのか…逃げではないかしら…と思ってしまいます。
      このHPで見るたくさんの熱心なダンサーのたまごさんたちと比べると、とても不真面目だなと思うのですが、未だにレッスンには熱心に通っています。進路に迷っている様子の娘に親としてどうサポートしてやればいいでしょうか?
      バレエを諦めてくれれば金銭的にホッとする反面、本当にいいの?と寂しく思ってしまいます。

      Reply
      • December 16, 2019 at 8:38 am

        こんにちは、コメントありがとうございました。
        コメントから「しか」分からないので、コメントに「だけ」お返事します。

        まず体型の事「しか」コメントに書いていないのが気になりました。
        もし、お家やスタジオで細い人しかダンサーになれないと言われ続けているなら、娘さんが辞めてしまう、諦めてしまう理由が分かります。
        親の夢&人生ではありませんから、お母様が寂しく思う、という段階で、かなり娘さんに対するプレッシャーになっている可能性もありすっぱりとやめられないのかもしれません。
        高校3年生、海外では成人の年齢でバレリーナの卵の年齢ではありませんから、彼女が率先して自分の進路を探す必要がありますね。(お母様でなく。)
        そしてそれは本人だけにしか出来ない事でもありますが、色々と情報収集することは大事だとは思います。

        Reply

    コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
    また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。