サウナパンツはダンサーに有益なのか?

 

ダンサー・教師(指導者&スタジオオーナー)・大人バレエトレーニー用と3種類もあるSafe Dance!では、安全に踊るための知識を勉強します。

 

安全に、というとケガ予防の話だろう…と思ってくれたら嬉しいですが、それだけではなく

  • 安全に踊れる=1回のレッスンで100%で踊れる=早く上達する
  • ケガを減らすことが出来る=休む時間が減る(もしくは庇って踊る癖がつかない)=早く上達する
  • レッスン以外に自分で、お家で出来る事が分かる=どんなスタジオ、シチュエーション(留学先でのロックダウンや、スクールホリディ中、オーディション会場など)にいてもやることが分かる=早く上達する

という事なので、早く上達したければ知っておきたいこと、とも言い換える事が出来ますね。

無駄な努力をしない為の勉強、でも良し)

 

 

そこにはウォームアップを勉強するっていう科目があって、そこでもサウナパンツ(サウナスーツ)についてお話しています。

セミナーに参加出来ない人(年齢や条件に合わない人、金銭的問題や時差などで時間の制約がある人など)のために、この部分は記事にしておきますね。

 

なんでサウナ「パンツ」の方をトピックに選び、サウナ「スーツ」ではないか?というと、

スタジオで見るこの手のウエアはお尻周りから下半身にかけて着られていることが多いからです。

上半身、長袖のサウナトップを着ている人は今まで見た事がないのでダンサー向けの記事として描いているDLSではスタジオで見られやすい方を選びました。

 

*その他、ダンサーの”健康用”として売られている道具について業者に嫌われそうなコメントをしているブログ達*

サウナパンツとは何か?

知らない人もいるかもしれないので、サウナパンツとは何か?について先に書きますね。

 

サウナパンツ、サウナスーツ(オーバーオール型になっているもの)は

薄くて、軽くて、カシャカシャした生地で出来たウォームアップギアで、サウナという名前通り汗をかくデザインのものです。

 

バレエ用品やさんではウォームアップギアとして売られ、

オンラインショッピングではダイエットに効く、着ているだけで痩せる、なんて言葉で売られています。

 

私も昔、某バレエ用品やさんで買った(今考えると恐ろしい)ミントグリーンのサウナスーツを持っていて、

夏休みの宿題をする時にお家で来ていました。

ミントグリーンな甘酸っぱい青春時代=酷いグリーンの汗臭い夏休み。

ウォームアップに有効なのか?

ウォームアップとは何か?を考えた記事があるからそっちを読んでもらいたいんだけど、

ウォームアップというのはただ体温をアップさせることが目的ではありません。

 

  • 心拍数を挙げる
  • 血流をよくする
  • 内臓に負荷をかけないようにして、疲れづらくする

と記事に挙げたものの他に、

 

  • 精神的な準備運動(集中力や前回言われた注意の予習など)
  • レッスンで使いたい筋肉を起こしてあげる(スイッチを入れておく)

なんて作用もあります。

 

サウナパンツを履くだけでは心拍数は上がらないってのは分かると思うのね。

でも温まるから血流がよくなるんじゃないの?

実はその逆なの。

 

体温が上がり過ぎると、オーバーヒートしちゃう!って体は冷めるよう指令を出すわけね。

それが汗をかく理由だよね?

 

しかもウォームアップで着用していたと仮定して、その後レッスンでは脱ぐじゃない?

出た汗、冷えます。

特にクラシックバレエレッスンの最初、ウォームアップタンジュやプリエは動きがゆっくりなんだから、確実に冷えます。

先ほど説明したように、汗=表面温度を落とすための体のシステム、なんだから。

 

じゃ、着たまま踊ればいいのね!?

と思った方、あんなもの着て踊っていたら、体のアライメント、正しく使えているか?関節を伸ばし切っているか?などが先生から見えないですよね?

 

  • 先生から見えない=注意されない=何のためにレッスンをしているのか分からない
  • 正しくない使い方で練習する=下手になる練習をしている=何のためにレッスンをしているのか分からない

 

2019年の表現力セミナ―では、参加者への服装指定として「カシャカシャ素材はやめて」と連絡をしました。

なぜか?というと表現力クラスにて五感を使うウォームアップをするから。

つまり衣擦れ音が集中したい感覚の邪魔になってしまうのです。

 

表現力セミナーだけでなくても、自分の通っているスタジオで

  • そのような音が気になる人もいるかもしれない
  • 体に集中したい、音楽をしっかりと聴きたい

と思っている人がいるかもしれないという思いやりも必要ですよね。

ダイエットに有効なのか?

サウナパンツを履いてエクササイズしてOOキロ痩せました!という文字はネット上にたくさん踊っています(ダンサーなだけに、踊るっていう…通じた?)

 

汗が出ると、体の水分量が減るので体重は減ります。

でもそれは脂肪細胞が変化した訳でもないので、水を飲んだら元に戻ります

 

私はそのエリアの専門じゃないけど、たしか脂肪を分解するには酵素が必要で、サウナパンツで酵素がでる!訳はございません。

 

逆に水分不足=軽い脱水症状になると、疲労感は増しますし、集中力は落ちます

夏だったら熱中症になる可能性もある。

 

汗をかいたら美容効果がある、肌がきれいになる、とかあるけど、みんなそんなに脚の皮膚きれいになりたいのでしょうかね?

タイツ履いていて舞台では見えないと思うんですが…(コンテで素足だったら別だけど)

 

一説によると、サウナパンツ内は自分の汗で湿度が上がるため(きもちわるーい!)、保湿になっているのだとか。

これが事実だったら、パンツ中にたまっている汗が湿度を挙げているンだよね…No Thank youだな、私だったら。

 

「ボクサーが減量の時にきているじゃないですか!」っていう方へ。

ボクサーの減量は計測日だけですよね?

その日のメモリを合わせて水分、食事まで管理して数値を出すためであり、これは体重別になっている階級にいるため、つまり勝つための方法ですよね?

 

専門家(プロ)がついている成人(たぶんプロで医療テストにパスしているだろうと思われる)がやっていることを、素人の未成年のダンサーがやって安全に出来ると思いますか?

冷え性に効果的なのか?

夏場にサウナスーツではなくって、冷え性だから冬場に着るんですよ!

っていうのもネット上で読みました。

 

冷え性っていうのはエネルギー不足や、筋肉量が足りなくて、体が熱を作れずに起こります。

だから、サウナパンツを着て「一時的に」暖かいと感じたとしても、

生活習慣を見直さなければ冷え性は改善されません

 

先ほどのウォームアップに有効なのか?という項目でもお話した汗をかく理由を考えると、
結果としてもっと冷えてしまうのではないか?と心配してしまいます。

 

学生は制服があるため、学校にサウナパンツを着ていくことはないと思います。

レッスンで着ない方がいい理由はすでに説明しました。

 

レッスン以外、日常生活で何をするか?は個人の趣味なので私がどうこう言う立場ではありませんが、

冷え性に悩んでいる大人バレエトレーニーでオフィスワークで座っている時間が長く体が冷えるのであれば、しっかりと食べる+タイマーをかけて体を動かしてください。

エネルギー摂取量を増やし、こまめに体を動かすことで筋肉量を落とさないようにすること。

これがロングタームで見た時の冷え性対策になると思いますよ。

 

隙間風が吹いてくるとか、オフィスの環境が問題であれば、そっちを改善することで

スペースにいるみんなが快適になる+暖房費が節約できるので地球にも優しい

と思いませんか?

サウナパンツのメリット

ダメだしだけではなく、良いところにも着目してみましょう。

サウナパンツの良いところは、生地が軽くて薄いところ(そういうのを選んだら、ね)。

 

プラスチック製なので風も通さないから、ウインドブレーカーのように感じる事もあるかもしれません。

例えば、Aスタジオで普通のレッスンが終り、ポワントクラスのためにBスタジオに移動するときに

外を歩くとか、冷たい風の通る廊下を歩くだとかある場合は便利ですよね。

 

この記事は2019年に書いたものを、2021年にポッドキャスト用にアップデートしているんだけど、

コロナ対策として換気をしている場合、体が冷えないようにするにはいいかもしれませんよね。

合同リハの時にドアや窓を開けていなければいけないけど、自分はあまり踊らないから、寒いとか、舞台での場当たりだとか。

 

そういう意味で、「保温」としてはアリだと思います。

でもあくまでも保温なので、ウォームアップの代わりにはならないし、汗をかく時(=運動量が多いとき)に使うのでもない

そして水分を体から絞り出して、具合悪くなるためのものでもありません

まとめ:ダンサーに有益なのか?

ちなみに、リサーチマニアの私はね、値段も調べましたよ。

 

  • 楽天のサウナスーツ、一番安い上下セットで2980円
  • アマゾンだと5千円前後よりスタート
  • 皆が知っている有名バレエ用品屋サンでは上下セットってなかったので上下の値段を足して12800円。

(全て2019年7月中旬調べ、おススメしているわけではないため商品へのリンクはあえてつけていません)

 

 

私の意見は既に書いたので、どこに投資するかはダンサーご自身でどうぞ

 

Happy Dancing!

  • <お知らせ>

    体の声を聞く練習と共に、弱点を克服し踊り続ける事、長く指導し続ける事が出来る体を育てるボディコンサークルは毎週日曜日にZoomにて行われています。

    スケジュールやトピックの詳細はこちら

  • <お知らせ>

    DLS教師のためのバレエ解剖学講座モジュール1&2を受講された方々向けに、毎月ダンサーに見られやすいケガ予防とレッスンの作り方についてを勉強する「教師のための月一勉強会」があります。

    モジュール受講者は毎月のテーマとスケジュールをこちらからご確認くださいね。

  • 佐藤愛著シリーズ



  • Follow Us!

  • お知らせメールを受け取ろう!(無料)

    最新情報、メルマガ限定コンテンツ、セミナー早期申込などのお得情報が満載!
  • Categories